ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

ホテルインディゴ箱根強羅 宿泊記 ちょっと違った角度から楽しむ箱根

先日購入できた箱ぴたクーポンを利用して、ホテルインディゴ箱根に宿泊してきました。 

落ち着いた雰囲気、でも堅苦しくないよい宿でした。
箱根の温泉旅館に慣れてきた人はチャレンジすることをお勧めします。

www.nuiandfood.com

 

 ホテルインディゴ箱根強羅のアクセス

ホテルインディゴ箱根強羅は強羅駅から少し離れた宮城野というところにあります。
小田原から定時運行のシャトルバスが出ているのと、リクエストで強羅駅からのバスが出ています。

エントランスには人力車が。

f:id:sbrktkr:20200824084110j:plain

強羅駅から歩けないこともないのですが、おすすめしません。
強羅駅から宮城野に向かっては急な下り坂になっており、ヘアピンカーブの車道に並行して歩くことになるからです。

また階段の近道があるのですが、これがまた恐怖なんです。

f:id:sbrktkr:20200824083123j:plain

近道の入り口です。

f:id:sbrktkr:20200824083102j:plain

このように長い急な階段があります。
高所恐怖症の私は足がすくんでしまいました。階段幅も狭く、一段を2歩使って降りないと進めません。
この写真に収まっている階段のみならず、同じくらいの斜度・距離の階段が3回くらい出てきます。
荷物を持っているときや子供連れの場合は送迎やタクシーを使うことをおすすめします。

ホテルインディゴ箱根強羅のお部屋

今回宿泊したのはデラックスツインヒルサイドのお部屋です。
一番お安く泊まれる部屋です。

f:id:sbrktkr:20200824084010j:plain

入り口からの眺め。湯船が見えます。

f:id:sbrktkr:20200824083811j:plain

壁には昔の箱根の写真をモチーフにしたアートが描かれています。
ツインベッドの手前にはソファがあってくつろげます。

f:id:sbrktkr:20200824083950j:plain

こちらが全室についている室内温泉風呂です。広さも深さも十分で、ヒノキの良い香りがします。
ちなみにリバービューだと露天風呂になるそうです。

f:id:sbrktkr:20200824084000j:plain

こちらがバーです。ユニークな看板が目印。

f:id:sbrktkr:20200824083728j:plain

お茶セットは南部鉄器です。

f:id:sbrktkr:20200824183313j:plain

ティーバッグはTWGがセットされていました。

f:id:sbrktkr:20200824083717j:plain

ミネラルウォーターのサービスはなんと瓶です。

f:id:sbrktkr:20200824083706j:plain

カラフルなチェストの右下には、なんと引き出し式の冷蔵庫が隠れています。
こちらは全て有料バーになっています。

 

洗面台もみていきましょう。

f:id:sbrktkr:20200824083821j:plain

オレンジの天板が目を引く洗面台です。

f:id:sbrktkr:20200824083655j:plain

アメニティーは木製手桶の中に入っています。こういうユーモア、いいですね。

f:id:sbrktkr:20200824183303j:plain

歯ブラシやクシ、シャワーキャップにシェービングフォームなどはもちろん、爪やすりも入っていました。
歯ブラシはかなり柔らかいです。

ちなみにドライヤーはヴィダルサスーンの強力なものでした。

ホテルインディゴ箱根強羅の設備

ホテルインディゴ箱根強羅の共通設備を紹介します。

f:id:sbrktkr:20200824083633j:plain

早川を臨む足湯が設置されています。タオルも置いてあるので手ぶらで来れます。

f:id:sbrktkr:20200824083645j:plain

足湯のそばには焚き火のついたベンチがあります。ここでワインを傾けるのも気持ちよさそうですね。

f:id:sbrktkr:20200824083623j:plain

ちなみにこちらの写真は早川にかかる橋からみたホテルです。ライティングで照らされたホテルが川に浮かんでいるようで幻想的です。

 

併設のバーです。奥側のダイニングテーブルのスペースはレストランになっています。

f:id:sbrktkr:20200824084047j:plain

f:id:sbrktkr:20200824084058j:plain

バーの一部はチェックインや送迎待ちの場合に座ったりして、待機場所になっていました。

f:id:sbrktkr:20200824083334j:plain

ホテルフロアのエレベーターホールも写真が飾ってあります。グリーンとオレンジが基調カラーとなっているインテリアでした。

ほか、写真はありませんがスパ、フィットネス、大浴場があります。

大浴場は水着着用が必須のため忘れず持っていきましょう。レンタルも一応あるそうです。

大浴場は寝るジャグジー、ウォーキングできる深さの浴槽、座ってお腹が浸かる程度の浅い浴槽のみです。

日本人が思い浮かべるような座って首まで浸かるタイプの浴槽はありません。

大人のカップル向けで子供は物足りないかもです。

ただプロジェクションマッピングやデイベッドがあって雰囲気はとてもいいので、ここら辺のキーワードがお好きなかたにはオススメです。

ホテルインディゴ箱根強羅の朝食

ホテルインディゴ箱根強羅の朝食をご紹介します。 

f:id:sbrktkr:20200824083345j:plain

朝食は1階のレストランでいただけます。
オープンな雰囲気のテーブルのスペースや、写真のようなパーティションで区切られて落ち着けるスペースなど、用途に合わせて使い分けることができます。

f:id:sbrktkr:20200826234410j:plain

朝食は4種のセットメニューから選べます。リバーサイドセットとベネディクトセットを選びました。

f:id:sbrktkr:20200824083540j:plain

サラダ・チーズとハム・フルーツ・ジュースが先に運ばれてきました。
リバーサイドセットとベネディクトセットで共通です。

f:id:sbrktkr:20200824083530j:plain

f:id:sbrktkr:20200824083520j:plain

サラダはシャキシャキ、フルーツも数種類入っています。メロンが甘くてジューシーでおいしかったなあ。

 

ペストリーは好きなものをチョイスできます。

f:id:sbrktkr:20200824083511j:plain

f:id:sbrktkr:20200824083450j:plain

食パンやクロワッサンなどシンプルなものから、デニッシュやマフィンなどの甘めのものまで種類豊富です。好きなものをチョイスするとスタッフさんが取り分けてくれます。

ジャムは柚子・ブルーベリー・イチジクの3種です。かわいらしい小瓶に入っています。

f:id:sbrktkr:20200824083500j:plain

f:id:sbrktkr:20200824083438j:plain

パンオショコラも、マフィンも、バゲットもハズレなしです。

しばらくしてメインがやってきました。エッグベネディクトとオムレツです。

f:id:sbrktkr:20200824083427j:plain

エッグベネディクトはもっちりマフィンととろとろ半熟玉子、酸味のあるオランデーズソースを一緒に頬張るととってもおいしいです。
ここにもパンが使われているので、パンを取りすぎたことをちょっと後悔してます汗

f:id:sbrktkr:20200824083419j:plain

こちらはオムレツです。ベーコンとソーセージもついてきます。
ソーセージを一口いただきましたがどっしりジューシーで、朝からガッツリ派も満足のボリュームです。

ホテルインディゴ箱根強羅はいつもとちょっと違う箱根を楽しみたい人におすすめ

以上、ホテルインディゴ箱根強羅のレポートでした。
高級だけどポップなインテリアでそれを良い意味で感じさせないホテルです。
ポップな内装や水着着用大浴場など、日本人というよりインバウンドを意識しているのだろうなと思うところが多々ありました。 
箱根の定番に慣れてきたという方、いつもと違う箱根を楽しむのはいかがでしょうか?

訪問日 2020/8/21