ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

ロコモコも絶品、裏メニューでさらにおいしく! モケズブレックファスト

海がきれいなカイルア地区にあるレストラン、モケズブレックファストに訪問したのでレポートします。

パンケーキが有名ですがロコモコも絶品なんです。おすすめの注文方法もお伝えします!

モケズブレックファストのアクセス

モケズブレックファストはカイルア地区にあります。ホールフーズマーケットの向かいの大きな道路を渡り、横道を少し歩くと看板が見えます。

f:id:sbrktkr:20190715201511j:plain

モケズブレックファストのメニュー

行列の絶えない人気店ですが、月曜日の午後一時に訪問したところ待ち時間なく入れました。

モケズブレックファストの昼のメニューです。有名なリリコイパンケーキもあります。

ロコモコは普通のもの、うさぎ肉のロコモケ、ハンバーグでなくステーキのロコモコもあり、バリエーション豊かです。

f:id:sbrktkr:20190715201516j:plain

f:id:sbrktkr:20190715201520j:plain

最初から食べると決めていたロコモコを注文します。ウエイトレスさんがごはんをフライドライス(炒飯,+$1.5)に変えないのか聞いてきました。

フライドライスが絶対美味しくないわけがない!私は食いつくようにフライドライスをリクエストしてしまいました。

注文も終わったので、内装を見てみます。

内装のダイニングテーブルはカントリー調でおちついた感じです。30畳くらいの二部屋とテラスがあるので結構席数はあります。

f:id:sbrktkr:20190715201525j:plain

モケズブレックファストのロコモコのお味は?リリコイパンケーキも?

さて、15分くらい待つとロコモコwithフライドライス($11.95+$1.5)がやってきました!

f:id:sbrktkr:20190715201538j:plain

上から半熟黄身の目玉焼き2個、グレイビーソース、巨大ハンバーグ、フライドライスが層になっています。

f:id:sbrktkr:20190715201531j:plain

卵にナイフを入れると、黄身がとろけ出てきます。

卵とハンバーグとフライドライスを一緒に口に入れると、全てが調和したおいしさ!

粗めで薄めのハンバーグにお肉自体の旨味があり、グレイビーソースがお肉に風味を与えて、フライドライスがコショウでパンチをかましてきます。

肉とソースとフライドライスだけだと味が濃い目なのですが、卵がそれらをまろやかにしてまとめてくれるんです。

とてもおいしいのと海に入ってお腹がペコペコだったこともあり、一気にかきこんでしまいました。

量としては女性にとっては少し多めくらいでしょうか。男性のランチにはちょうどいいと思います。

 

このお店では素敵な出会いもありました。隣の日本人夫婦が私のロコモコがどれくらいの量か聞いてくれたのをきっかけに、話がすごい弾んだんです。
私がバスでカイルアビーチへ行く方法と時刻表を伝えると、明日夫婦でチャレンジしてみると言ってくれました。
お礼にご婦人のリリコイパンケーキを一口いただきました。
ご婦人は食べ切れないから半分食べてとおっしゃってましたが、さすがに遠慮しました(汗)

で、このリリコイパンケーキもとてもおいしい!
モケズブレックファストの一番の看板メニューはこのリリコイパンケーキなんです。
ランチということと、朝にブーツアンドキモズのパンケーキを食べていたのでわたしはロコモコを選んだのですが、念願のパンケーキも一口いただくことができて願ったり叶ったりでした。
リリコイパンケーキはさわやかなすっぱさとクリーミーがいっしょに楽しめるソースとふわふわパンケーキがとてもおいしかったです。

腹ペコなときのオーダーはロコモコ+フライドライスが絶対正解!

ハワイ名物のロコモコを堪能することができて、とても満足のランチになりました。
フライドライスのアレンジも選んで大正解です。
日本でロコモコをいただくことができても、フライドライスが選べるところは少ないです。
ハワイならではの味を求めて、フライドライスへのアレンジをおすすめします!

訪問日 2019/7/1