ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

ホテル京阪ユニバーサルシティ宿泊記 パークに近くて手軽でおすすめ!

USJ旅のために京阪ユニバーサルシティに宿泊しました。
パークまでのアクセスもよく、リーズナブルなのにとても快適な旅ができました。
この記事ではデコレーションされた壁紙など、すてきなお部屋をレポートしていきます!

ホテル京阪ユニバーサルシティのアクセス

ホテル京阪ユニバーサルシティはUSJの目の前の商業施設、ユニバーサルシティウォーク内にあります。
ちょっとメインの通りからは奥まっていますが、マツモトキヨシの隣に入口があります。

ホテル京阪ユニバーサルシティのフロント

ホテル京阪ユニバーサルシティのフロントはとても明るくポップな内装になっています。
すでにテーマパークにインした気持ちになってしまいますね。

f:id:sbrktkr:20200212001558j:plain

f:id:sbrktkr:20200212001603j:plain

こちらがフロントです。チェックアウトなどでお世話になります。
向かいには荷物預けカウンターがあり、チェックイン前に荷物を預けたい場合はこちらを利用します。

f:id:sbrktkr:20200212001613j:plain

こちらはチケットブースです。USJのチケットのほか、海遊館などの近隣施設のチケットも買えます。

じつはUSJのチケットはホテルのチケットブースで購入するのが断然お得です!
こちらで購入したチケットはUSJ窓口での引き換えが必要なく、そのままゲートまで進むことができるのです。
事前にコンビニなどで購入すると窓口での引き換えが必要になり二回並んでしまうことになりますから、オフィシャルホテルに宿泊する場合はホテルで買うことによって時間短縮になるのです。

f:id:sbrktkr:20200212001618j:plain

こちらはレストラン入口。朝食終わりの時間帯に写真を撮ったため暗めです。朝食、ランチ、ディナー全ての時間帯で営業していますが、今回は利用しませんでした。

f:id:sbrktkr:20200212001624j:plain

フォトスポットもあって、レッドカーペット気分の写真がとれます。

ホテル京阪ユニバーサルシティの部屋

今回はツインのお部屋に泊まりました。
ホテル京阪ユニバーサルシティのお部屋は壁紙のアートが素敵で、4種類のコンセプトでお部屋がデコレーションされています。

私達が泊まったのはザ・ムービーというお部屋でした。

f:id:sbrktkr:20200212001634j:plain

壁には映画のフィルムをイメージしたアートが描かれています。
夜照明を消すと蛍光インクの星空が浮かび上がってきて、とてもきれいです。

f:id:sbrktkr:20200212001640j:plain

広さはシングルベッド1台とダブルベッド1台おいて少し余裕があるくらい。
窓側には丸テーブルをおける程度の余裕もありますし、パークで遊んで寝るだけなら十分の広さです。

f:id:sbrktkr:20200212001629j:plain

新し目のユニットバスで、バス・トイレは一緒になっています。
設備は全体的にすこし古びた感じがします。部屋の鍵は今時珍しいドアノブ式で、カードキーではありませんでした。
でも掃除はきれいに行き届いているので、全く不満ではありませんでした。

ユニバーサルシティのアメニティ

ホテル京阪ユニバーサルシティのアメニティについてご紹介します。

f:id:sbrktkr:20200209143517j:plain

コップ、ケトルなどは一通り揃っています。

f:id:sbrktkr:20200209195949j:plain

冷蔵庫はビジネスホテルにありがちの小さめタイプですね。中身は空でした。

f:id:sbrktkr:20200209201427j:plain

お茶系は緑茶とほうじ茶の粉末です。

個人的にはティーバッグが好きなのですが、あまり飲まれないのか粉末のところが増えてきましたね。

なおバスアメニティは花王でした。

写真は撮っていませんが基本的な歯ブラシやレザーのほかに、バススポンジやヘアクリップもありました。

ヘアクリップはお風呂で髪を束ねることができるので女性にはうれしいです。

チェックアウト後の荷物はロッカーに

このホテルで特徴的なのがチェックアウト後の荷物預けです。

ホテル京阪ユニバーサルシティではチェックアウト後の荷物はフロントではなく、地下のロッカールームに預けることになっています。

f:id:sbrktkr:20200209161936j:plain

コインロッカーは大小種類があり、コインを入れたら取り出し時に返却される仕組みです。

追加で料金がかかるわけではないですが、小銭が必要なので予め用意しておくと良いですね。

自分たちで荷物を運ぶのは少し骨が折れますが、サービスを簡略化してその分他のサービスに力を入れたり値段に還元したりしているのでしょう。

ホテル京阪ユニバーサルシティはパークに近くコスパよし

以上、ホテル京阪ユニバーサルシティのレポートでした。

今回はオフシーズンということもありツインで一部屋15,000円と安く泊まることができました。

しかもパークにいてホテルは寝るだけの人には十分なサービスが整っています。

そこから考えると、パークの近くでお手軽に泊まれてこの値段はコストパフォーマンスがとても高いと言えます。

ホテルのコストを抑えてパークを十分に楽しみたい人にはぴったりのお宿でした。

ホテル京阪ユニバーサルシティの予約はこちらからどうぞ!
(じゃらんnetのホテルのページに移動します)

訪問日 2020/2/8