ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

ハイアットリージェンシー横浜宿泊記 クラブラウンジ編

先日ハイアットリージェンシー横浜に宿泊しました。
この記事ではクラブラウンジの様子をご紹介します。

f:id:sbrktkr:20201103172330j:plain

ジャズをモチーフにした内装

3階にあるクラブラウンジ。
入って左手側にはコンシェルジュさんが常駐しているソファエリアです。 

f:id:sbrktkr:20201026192332j:plain

ソファエリアには楽器を模したオブジェやアンティークの音響機器がディスプレイされています。
ジャズの街横浜を意識したそうです。

こちらは入って左手にあるダイニングエリアです。

f:id:sbrktkr:20201026192343j:plain

フードが置かれるキッチン。ティータイムの時間のためおつまみ類はありません。

f:id:sbrktkr:20201026192414j:plain

ダイニングテーブル。カクテルタイムや朝食の時間にはカトラリーが交互に置かれ、ソーシャルディスタンスが保てるようになっています。

f:id:sbrktkr:20201026192425j:plain

奥には2人がけのテーブルがいくつもあります。右奥にもテーブルは連なっており、収容人数は多いです。

ティータイム (15:00-17:00)

ティータイムではマドレーヌなどの個包装のお菓子や野菜チップスなどの乾き物がいただけます。

紅茶はロンネフェルト社製です。ティーバッグでなく、好きな量の茶葉で抽出できるのはうれしいですね。

f:id:sbrktkr:20201026192405j:plain

コロナ対策なのか、冷たい飲み物はすべてビンあるいはペットボトルでの提供です。
これは他のホテルでも同様の運用みたいですね。

f:id:sbrktkr:20201026192355j:plain

カクテルタイム (17:00-19:00)

お楽しみカクテルタイムです。

f:id:sbrktkr:20201026192849j:plain

スパークリングワインはESPACEというチリ産ワインでした。無くなったらどんどん補充してくれます。

フードプレゼンテーションも素晴らしいです。

f:id:sbrktkr:20201026192913j:plain

こちらは魚介のブランマンジェ。エビとマスコ、コンソメのブランマンジェでスパークリングがすすみます。

f:id:sbrktkr:20201026192923j:plain

こちらはマリネ野菜とフェタチーズ。

f:id:sbrktkr:20201026192933j:plain

パンにつけるディップ類も4種あります。手前は個包装のブルーチーズですね。

f:id:sbrktkr:20201026192953j:plain

シャルキュトリーがなんと5種もあります。ローストビーフ、パテドカンパーニュ、鴨ロース、サラミ、生ハム。

f:id:sbrktkr:20201026193016j:plain

魚介はワカサギのエスカベッシュ、魚介のテリーヌです。

f:id:sbrktkr:20201026193004j:plain

ラップサラダのようなトルティーヤもありました。

f:id:sbrktkr:20201026193028j:plain

ドリンクのご紹介です。こちらはリキュール類のラインナップ。

f:id:sbrktkr:20201026193038j:plain

 ビールはアサヒとハイネケンです。

f:id:sbrktkr:20201026193049j:plain

デザートとドリンクに添える柑橘類もあります。

f:id:sbrktkr:20201103172330j:plain

実食!
このあと中華料理をたらふくいただく予定だったので、控えめにいただきます。

ローストビーフはサシが入って期待以上のお味です。
私はパテドカンパーニュに目がないのですが、濃厚でお酒にあいますね。
珍しい魚介のブランマンジェとテリーヌ、こちらもエビがぷりぷりしていておいしかったです。
ローストビーフに至ってはお代わりしてしまいました。
 

www.nuiandfood.com

 

なお、日曜泊にもかかわらずとても混雑していました。 
17時過ぎに伺ってなんとか席を確保できましたが、その後訪問されて断られていたゲストもいたようです。
17時過ぎにはワインコーナーには長蛇の列ができていたりと、GoTo効果は絶大のようです(私も含め)。

朝食

朝食もラウンジでいただきました。

f:id:sbrktkr:20201026193436j:plain

ブッフェ台の全景。卵はスクランブルエッグと茹で卵のみです。
温かい料理はソーセージ、カリカリベーコン、温野菜、ポテトグラタンがありました。

f:id:sbrktkr:20201026193446j:plain

こちらは冷たい料理。ハムと生ハムです。生ハムはカクテルタイムとは違う、ちょっとソフトなタイプですね。

f:id:sbrktkr:20201026193458j:plain

サーモンマリネはさっぱりして食べやすく、お代わりしました。
ほかにも冷蔵庫にヨーグルトやカップサラダが入っています。

f:id:sbrktkr:20201026193509j:plain

こちらはパンのコーナー。クロワッサン、デニッシュ、ブリオッシュ、マフィンなどあります。マフィンは個包装ですね。

なかでもおすすめはnikinの名がついたホテルオリジナルブレッドです。
1階のマーケットで販売されていてすぐ売り切れるほどの人気商品です。それが思う存分いただけるんです。
そんなnikinはラウンジでも人気ですぐはけてしまいます。朝食時間の終わり際に補充がなかったのでリクエストしたところ、持ってきていただけました。しかしカットされた残りの2斤分も一瞬ではけてしまいました… 大人気のようです。

f:id:sbrktkr:20201026193520j:plain

ということで取り分けてみた図です。

f:id:sbrktkr:20201026193531j:plain

ソーセージは脂多めでジューシー、ベーコンは相当薄くてカリカリのため、フォークに刺さりません。
スクランブルエッグはホテルの朝食でよくある柔らか系です。

f:id:sbrktkr:20201026193542j:plain

こちらがnikinです。はちみつが入っており、そのまま食べてもほんのり甘みがあります。

f:id:sbrktkr:20201026193552j:plain

 カップサラダと冷たい料理たち。

ハイアット横浜のクラブラウンジはカクテルタイム・朝食共に満足でした

以上、ハイアットリージェンシー横浜のクラブラウンジのレポートでした。
感染対策でビュッフェ形式を取りやめるホテルが多い中、カクテルタイム朝食共にビュッフェ形式でしっかり楽しめるラウンジになっています。
もちろん感染対策もしっかりしていて、マスク着用はもちろんビュッフェ台での手袋着用もルールとしてありました。お客さんもしっかりルールを守っていた印象です。

ハイアットリージェンシー横浜の予約はじゃらんから!下のバナーから直接ホテルのページに飛べます!

訪問日 2020/10/26