ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

モダンな内装と厳選フルーツパフェを楽しむ 水信フルーツパーラー@横浜馬車道

横浜馬車道にある水信フルーツパーラーにお邪魔してきました。
素敵モダンな内装の中、最高級のフルーツをいただくことができました。
みなとみらいのお散歩休憩やお茶にちょうど良さそうです。

f:id:sbrktkr:20201026192718j:plain

水信フルーツパーラーのアクセス

水信フルーツパーラーはみなとみらい線馬車道駅直結、北仲ブリック&ホワイトという商業施設の1階にあります。

JRなら、桜木町駅あるいは関内駅から徒歩5分程度です。

 

なお、人気店のため土日は予約しないと結構待つようです。公式ウェブサイトで予約して伺うことをおすすめします。

www.mizunobubrooks.com

素敵な内装に圧倒される

お店に入ってまず、素敵すぎる内装が目に入ります。

入ってすぐは果物販売やテイクアウトの売店です。

f:id:sbrktkr:20201026192815j:plain

1万円のマスクメロンは手が届きませんが…

f:id:sbrktkr:20201026192826j:plain

ジャムやフルーツポンチは目上の方への手土産によさそうですね。

続いて食堂のエリアです。木目を基調とした温かみのある印象。しかし20種類もの柄の組み合わせで非日常感を演出しています。

f:id:sbrktkr:20201026192729j:plain

f:id:sbrktkr:20201026192803j:plain

f:id:sbrktkr:20201026192751j:plain

全てあの「ななつ星」を手掛けた水戸岡鋭治氏がデザインしたもの。

椅子やパーティションに至るまで、特注品で世界観が統一されています。
特に椅子の背もたれの透かし彫りがとても繊細です。訪問の際はぜひチェックしてみてください。

f:id:sbrktkr:20201026192837j:plain

f:id:sbrktkr:20201026192739j:plain

天井のデザインまで凝った作りになっています。食堂エリアのステンドグラスはため息が出るほどきれいです。

和洋折衷いろんなデザインパターンが使われているのにくどくないのは、デザイナーさんのセンスの賜物なんでしょうね。

意匠のこだわりについては、公式ページの水戸岡氏のインタビューに詳しく書いています。

www.mizunobubrooks.com

水信フルーツパーラーのメニュー

内装を楽しんだところで、メインの果物の話に入りましょう。

訪問した時期は秋ということで、限定のモンブランパフェといちじくのパフェがありました。

パフェは2,000円前後でいただけます。

f:id:sbrktkr:20201026192656j:plain

f:id:sbrktkr:20201026192706j:plain

フルーツサンドやワッフルを軽くいただくこともできます。甘いものが苦手なかたはアボカドサンドイッチがおすすめです。
お腹の空き具合や味の好みに合わせてメニューを選べるのはうれしいですね。
ドリンクメニューの写真がありませんが、オリジナルブレンドティーやアルコールも注文可能です。特にセットメニューはありません。

固めプリンのプリンアラモード

フルーツも食べたいしモンブランも食べたい欲張りなので、マロンプリンアラモードを注文してみました。

f:id:sbrktkr:20201026192718j:plain

定番のりんご・オレンジ・メロンの他に、季節の柿とイチジクが盛られています。
そして固めのプリンがまとっているのは栗のモンブラン!トッピングにも渋皮栗と甘露煮の栗が使われています。

プリンには別添えのカラメルをかけてお召し上がりください、とのことでした。
プリンはフルーツとの相性に拘った特別レシピで作られているそうな。

お味は最高の一言でした。フレッシュフルーツは甘みと旨味があり、モンブランは栗の味が濃厚です。プリンは卵とクリームの風味がどっしりとしていますが、でもくどくなく、すっきりといただけます。

モンブランとプリンの甘みが強いので、先にフルーツをいただいた方が両方楽しめるかなと思います。

以上、水信フルーツパーラーのレポートでした。
素敵な内装の中でいただくフレッシュフルーツは格別です!

訪問日 2020/10/25