ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

クリーミーなガーリックシュリンプをアラモアナで! ブルーウォーターシュリンプ

ハワイ名物のガーリックシュリンプ。ハワイ名産のえびをにんにくソースで炒めた料理です。オアフ島の北側に名店が多いのですが、ワイキキから車で1時間以上かかるのがネックです。

今回はワイキキでガーリックシュリンプを手軽に楽しめるお店を紹介します!

ブルーウォーターシュリンプのアクセス

ブルーウォーターシュリンプはアラモアナセンターの1階、マカイマーケットというフードコートの中にあります。

f:id:sbrktkr:20190715195141j:plain

マカイマーケットのこの看板がある入り口からだと、奥のほうにブルーウォーターシュリンプのお店はあります。

f:id:sbrktkr:20190715194317j:plain

ブルーウォーターシュリンプのメニュー

ブルーウォーターシュリンプのメニューを見てみましょう。日本語対応のメニューが置いてあるので安心です。

f:id:sbrktkr:20190715194324j:plain

f:id:sbrktkr:20190715194328j:plain

今回注文するのはガーリックシュリンプ8ピース、$14.95です。
今回はクーポンブックを利用して10%オフでいただけました。

メイン以外にポテトサラダあるいはグリーンサラダ、白米あるいは玄米がついてきます。お米をやめてグリーンサラダ2つなんていうオーダーも可能だそうです。

さて、メニューも決まったので注文してみます。

7時台に伺ったところ注文カウンターに5組ほど並んでいました。注文には15分ほどかかりました。

ガーリックシュリンプ、グリーンサラダ、白米のセットを注文しました。本当は玄米が良かったのですが、売り切れとのことでした。

注文した商品を受け取るまでにはさらに15分ほどかかりました。家族用なのか一組で何個も注文する人が多いようです。

ガーリックシュリンプのお味は?

購入したガーリックシュリンプをワイキキのホテルまで持ち帰り、ラナイで食べることにします。

f:id:sbrktkr:20190715194431j:plain

ラナイにガーリックシュリンプとビールと別で買ってきたアヒポケを並べると、テンションが上がってきます。

とはいえ、暑すぎてすぐ室内に戻ってしまったのですが…

それではガーリックシュリンプ、いただきます!

f:id:sbrktkr:20190715194441j:plain

プレートにはガーリックシュリンプ、コーン、グリーンサラダ、ふりかけと白米が入っています。お花は彩りだけか食べられるか謎。

f:id:sbrktkr:20190715194436j:plain

ガーリックシュリンプはオイルが乳化したクリーミーなソースとたっぷり絡んでいます。

殻がついているので手で剥きながら食べていきます。この剥いていく工程すら楽しいです!

エビはもちろんぷりっぷり、にんにくが効いたソースとの相性バツグンです。味が濃い目なのでビールやご飯がものすごい進みます。

同じソースでソテーされたコーンも美味しい!

食べ終わりそうなタイミングで、ソースがもったいないのでご飯を入れてソースと絡めます。美味しくないわけがない。箸が止まりません。

おいしすぎて、あっという間に手が止まることなく食べてしまいました。

 

以上、ブルーウォーターシュリンプのレポートでした。またハワイに行くなら絶対リピートしたいと思えるご飯でした。

 

訪問日 2019/7/2