ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

松屋でいただく東欧の味♪ジョージア名物シュクメルリ

松屋といえば牛丼はじめガッツリ系のメニューをお得に提供する牛丼チェーン店ですね。

その松屋でなんとジョージア料理のシュクメルリを提供しているんです。

ジョージア?シュクメルリ?ってなに?というかたも多いかもしれませんが、とってもおいしいのでご紹介しますね。

シュクメルリについて

シュクメルリはジョージアの郷土料理です。

ジョージアは東ヨーロッパの国で、アジアとヨーロッパの境目に位置し、昔から交易で栄えていた国です。

グルジアというとピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。日本ではグルジアという名前で親しまれていましたが、より地元の発音に近いということで日本での呼称をジョージアに改名したんです。

シュクメルリは鶏肉をミルクソースで煮込み、スパイスで味付けした郷土料理です。

松屋のシュクメルリのお値段は?

松屋のシュクメルリはご飯と味噌汁つきのセットで730円、サラダをつけると790円です。※価格はお店による

ライス大盛り無料キャンペーンもしていたので、お腹いっぱい食べたい人も安心ですね。

私はあまりお腹が空いていなかったのでミニライス野菜なしで700円のセットを注文しました。

f:id:sbrktkr:20191221135934j:plain

シュクメルリのお味は?

注文してから10分は待ったでしょうか、提供が早い松屋にしては少し時間がかかるようです。

やってきたのは鉄鍋に入ったシュクメルリとライス、味噌汁です。

f:id:sbrktkr:20191221135920j:plain

こちらがシュクメルリです。クリームソースの中にごろっとしたチキンが見えます。赤いのはサツマイモの皮で、大ぶりのサツマイモもいくつも入っています。

真ん中にはチーズがたっぷりかかっています。

f:id:sbrktkr:20191221135924j:plain

それではいただいてみましょう。

f:id:sbrktkr:20191221135928j:plain

スプーンで持ち上げるとチーズがのびーる。チーズだけでなくにんにくの香りも広がってきます。

熱々を一口いただくと、シチューのようなソースの味が広がります。シチューににんにくをひたすら入れて仕上げにちょっとチーズをかけたようなお味です。

大きめの鶏肉は弾力があり、乱切りのさつまいもはほくほくと中まで火が通っています。おいしい!

ごはんにかけてもとても美味しいです。シチューをオンザライスする人はかなり好きな味になります。

シュクメルリのざんねんなところ

でもシュクメルリには残念なところが2つあります。

1つ目は味噌汁と壊滅的に合わないこと。松屋の他社との優位性ともいえる、店内飲食でデフォルトでついてくる味噌汁が合いません。

例えるなら、ジョージアの雄大な自然を感じているところを日本の繁華街の牛丼屋にいる現実に引き戻される感じです。(あんまり例えられていない)

異国情緒を感じるシュクメルリと、いつもの安心するお味の松屋の味噌汁はちょっとマッチしないんですね。

また、にんにくが強すぎる点。香りや味は問題ないのですが、シュクメルリを食べると一晩は口からニンニク臭がしてきます。人と会う前にはシュクメルリはおすすめしません。

シュクメルリは終売。でも復活予定が!

そんなシュクメルリですが一部都内の店舗だけの試験販売で12/15までの期間限定でした。いま松屋に行っても食べられないのです。

しかし!SNSでの反響が大きかったことにより2020年1月からの全国展開が決まりました!

全国展開の際にはぜひ試してみてくださいね。

以上、シュクメルリのレビューでした。

訪問日 2019/12/17