ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような、現地に行かないとわからないことを意識して書いて行こうと思います

SFC修行2018 OKASINタッチ2回目 イオンモールライカムで泡盛試飲

イオンモール沖縄ライカムでお土産を購入します!

イオンモール沖縄ライカムに来た理由とは?

なぜ那覇空港からバスで1時間かけてイオンモール沖縄ライカムへ来たのかというと…泡盛の試飲ができるからです。

イオンモール沖縄ライカムに入ると、開放的な吹き抜けと大きな水槽が目に入ります。この水槽は餌付けショーも行われるようです。水族館並ですね。

f:id:sbrktkr:20181216012615j:plain

泡盛が随一の品揃えのお酒コーナーへ

早速1階の酒コーナーに移動します。酒コーナーには沖縄全域から全部のお酒を持ってきたのではないかと思うくらい、いろんな種類のお酒が置いてあります。贈答用の泡盛のカメだけでこんなにあります。

f:id:sbrktkr:20181216012612j:plain

泡盛の試飲のコーナーに行くと、試飲用のカメがこんなに!見切れた左側にも同じ大きさの棚があって、こちらは試飲用の4合瓶がたくさん並んでいます。

f:id:sbrktkr:20181216012610j:plain

さっそく試飲開始

それではお土産の泡盛を選ぶため、店員さんを呼んで試飲をお願いします。試飲名簿に名前と年齢、運転の有無や同行者の人数を記入します。記入が終わると先程の試飲の瓶が置いてある棚に移動し、店員さんがお酒を選んでくれます。私のオーダーは

  • 4合瓶で2-3,000円くらい
  • あまり東京で流通していないものがいい

でした。日本の米でできた泡盛やお買い得な古酒、はたまたもう閉めてしまった蔵元の泡盛を詰めたものなど、いろいろな泡盛をエピソードを交えながら説明してもらいました。試飲したのは8種類くらいでしょうか。泡盛はあまり飲んでこなかった私ですが、味やにおい、のどごしなどの違いが少しわかった気がします。

選ばれたのは…

選んだ銘柄はこちら、いちゃゆんです。

f:id:sbrktkr:20181216012824j:plain

いちゃゆんは沖縄にあるすべての蔵元の泡盛を全てブレンドしたお酒です。すべての蔵元に交渉するのはとても骨が折れることだったそうで、もう一回作るのは難しいそうです。

肝心のお味なのですが、全部混ぜてしまったら味が喧嘩するんじゃないかと思ったら、とてもまろやかな口当たりで飲みやすいお酒になっていました。

いちゃゆんを買ったあとはスーパーでランチョンミートなどの沖縄グルメをまとめ買い。お土産やさんよりも安くて品揃えが豊富なのでスーパーで買うのが好きです。特にランチョンミートは大きい缶だと使いきれないので、プラパックのハーフサイズが重宝します。

買い物するとバスチケットがもらえる!

買い物が終わると、ウェルカムステーションへ向かいます。こちらでは5000円ぶんのレシートを見せると帰りのバスのチケットをもらえるんです!バスの運賃は900円ちょっとですから、とてもお得です。

f:id:sbrktkr:20181216012820j:plain

ウェルカムステーションは建物の外に出て、ライカムの入り口の門の東側を歩いていくとあります。

ブルーシールアイスでしめ!

ウェルカムステーションの隣にはブルーシールアイスがあります。アイスを食べながらバスを待つこととします。

f:id:sbrktkr:20181216012815j:plain

一番人気の塩ちんすこう味をチョイス。

f:id:sbrktkr:20181216012012j:plain

歩き回って汗だくの体に塩味がしみますーおいしい!バニラアイスもミルクの味が濃厚です。

次はいよいよSFC修行ラストフライトです!

訪問日 2018/12/3