ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

ワイキキビーチ近くで手軽にアヒポケ丼!マグロスポットMaguro Spot

ハワイ名物のアヒポケ丼。

ワイキキビーチに近いロケーションで手軽にアヒポケ丼を楽しめるMaguro Spotを紹介します!

Maguro Spotのアクセス

マグロスポットはワイキキビーチ近くにあります。

デュークカハナモク像向かいの小道を北東に進み、クヒオ通りに突き当たるところにお店があります。

ワイキキビーチから2,3分ほどで訪問することができます。

お店は小さいですが、壁が真っピンクなのでとても目立ちます。

なお、下の写真の右側、店外のベンチスペースはテラス席になっています。

なお、日曜は定休日なので注意してくださいね。私は気づかず日曜日に来てしまい、二回目の訪問でアヒポケ丼にありつくことができました。

f:id:sbrktkr:20190715120301j:plain

Maguro Spotの店内

マグロスポットの店内はとてもこぢんまりとしています。店内の半分以上は厨房スペースです。

お客さんのスペースは入り口そばの注文するスペースと、細長いカウンター状のイートインスペースのみです。

f:id:sbrktkr:20190715114933j:plain

注文スペースの写真です。ドリンクの冷蔵庫の左側の、ORDER HERE の看板の下で注文をします。

イートインカウンターはお客さんが多く、写真を撮影できませんでした。

なお、13時半に訪問しましたが注文は数人待ち、イートインカウンターもほぼ埋まっているほど混雑しています。

会計には日本人のスタッフさんがいらっしゃいました。他のお客さんとのやりとりを聞いていたところ、兄妹でお店を切り盛りしているそうです。

f:id:sbrktkr:20190715114939j:plain

Maguro Spotのメニュー

マグロスポットのメニューを紹介します。

日本語メニューのプリントが置いてあるので見てみましょう。

f:id:sbrktkr:20190715114924j:plain

丼の大きさ、マグロあるいはサーモン(合い乗せはプラス$1)、白米玄米酢飯のいずれか、ソースを選んで注文します。

ここで注目すべきはお値段です。テイクアウトご飯でも$10をくだらないワイキキの飲食店で、並盛を$10を切るお値段で提供しているところはかなり限られています。

アヒポケ丼をいただく

私がオーダーしたのは小丼、マグロとサーモンの合い乗せ、酢飯のスパイシーソースです($6)。

注文して2,3分で丼が出てきました。

f:id:sbrktkr:20190715114929j:plain

ぶりっとしたマグロとサーモン、辛味のある生玉ねぎと葉野菜が入っています。

醤油味とスパイスの辛み、生魚の脂と食感がとても良く合います。

味は濃厚ですが、生玉ねぎの辛みでさっぱりといただけます。

小サイズはご飯茶碗半分くらいで、一食としては少し少ないくらいの量です。

朝ブッフェで食べすぎたあとに小サイズをいただいたり、小サイズで軽くランチを済ませてスイーツ食べ歩きをするなど、使い勝手のよいサイズになります。

ハワイのご飯はどうしても一皿が大きいですから、このような小さいポーションのご飯は貴重です。

大人は並サイズ、子供は小サイズなどの使い分けもできそうですね。

マグロスポットはワイキキビーチ近くで美味しいアヒポケ丼を自分の食べたい量でいただける、とても使い勝手のよいお店です。

小腹が空いたときにはぜひ立ち寄ってみてください。

訪問日 2019/7/3