ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

2人朝食付きで7,000円!ドーミーイン東京八丁堀の地元限定プラン 新しい朝食スタイルも

ご飯が美味しいビジネスホテルとして有名なドーミーイン。
今ドーミーインでは地元在住者向けに格安のプランを提供しています!

実際に宿泊してきましたのでレポートします。
ビュッフェスタイルに変わる新しい朝食スタイルも体験してきました!

f:id:sbrktkr:20200622001545j:plain

ドーミーインが地元在住者向け格安プランを提供中

ドーミーインは6月末まで、地元在住者限定プランを提供しています。

価格はなんと二人朝食付きで7,000円!一人だけの値段じゃないの?と心配になる価格です。
7,000円は東京八丁堀の価格で、地方や朝食なしだともっとお安いプランがあるそうです… ちょっとしたレストランよりも安い…

ドーミーイン東京八丁堀のアクセス

 今回宿泊した亀島川温泉 新川の湯 ドーミーイン東京八丁堀はJR京葉線八丁堀駅から徒歩3分のところにあります。

JR東京駅からの無料シャトルバスもあります。地方から来た時は重宝しそうですね。

ドーミーイン東京八丁堀のお部屋

さっそくお部屋をチェックします。
今回予約したのは和風ツインです。

f:id:sbrktkr:20200622001629j:plain

入ってすぐ、和風ベッドが目に入ります。
広さはお世辞にも広いとはいえませんが、必要最低限の広さはある…といった感じです。
玄関も一人が靴を脱ぐのがやっとです。荷物を置くスペースはあまりなく、大きなスーツケースを二つはちょっと厳しいですね。
とはいえ、やはり畳と布団でごろごろできるのは洋室とは違うリラックス感があります。

f:id:sbrktkr:20200622001617j:plain

ユニットバスとは別に洗面台があります。
陶器のおしゃれなシンクで、和の雰囲気を出しています。

シンクの下には冷蔵庫、コップ類、アメニティ類が揃っています。

f:id:sbrktkr:20200622001556j:plain

アメニティー類は歯ブラシ、ブラシと必要最低限のものが入っています。

f:id:sbrktkr:20200622001607j:plain

ユニットバスも新しいです。広さは狭すぎず、でも広くもなくといったところです。

ドーミーイン東京八丁堀の設備

ドーミーイン東京八丁堀は客室以外にもお楽しみ要素があります。

温泉大浴場がおすすめ

東京八丁堀にはなんと温泉大浴場があります。東京駅近くで温泉に入れるなんて、とても贅沢ですね。早朝深夜も入れるのがうれしいです。

女性の浴室はナンバー式の鍵で入れるようになっていて、徹底的に宿泊者だけしか入れないようになっているので安心です。
化粧水などの基礎化粧品(しかもPOLA!)、綿棒、長い髪には必須のヘアゴムなどが揃っていて、てぶらでも安心して入浴することができますよ。

大浴場も充実していて、温泉、一人用のシルキー風呂、サウナを取り揃えています。

もちろん撮影禁止なので、公式サイトの写真をお借りして、雰囲気を味わっていただければと思います。

f:id:sbrktkr:20200627150744j:plain

入浴後は夜鳴きそば!

さてドーミーインの夜のお楽しみといえば!夜鳴きそばです。
ドーミーインでは宿泊者に夜鳴きそばというラーメンを提供しています。
21:30-23:00に朝食会場に行くと、夜鳴きそばをいただくことができます。
私は今回初めて夜鳴きそばをいただくことができるということでとても楽しみにしていました。

カウンターで注文して待つこと3分ほど、夜鳴きそばをいただくことができました。

f:id:sbrktkr:20200622001545j:plain

シンプルな醤油スープと縮れ麺、ねぎと岩海苔のトッピングです。
ラーメンのお味は正直にいって学食のようなものなのですが、遊んだりお酒を飲んだ夜に食べるというのがとても美味しく感じられるんですよね。
岩海苔も良い香りがして、味にさらに深みが感じられます。

量はしっかりあると聞いていたので、あらかじめ二人で1杯を頼んだところちょうどよい量でした。
お腹が空いていたら1人1杯頼んでも満足できる量だと思います。

ドーミーイン東京八丁堀の朝食

さてお楽しみ朝食の時間です。
感染症予防対策としてビュッフェ形式をとりやめるようになってから初めての宿泊になるため、満足できるのか少し不安でした。

f:id:sbrktkr:20200622001440j:plain

朝食時間は6:30-9:30までです。コロナの影響により営業時間が短くなっているようです。

最初に和洋の膳が選べます

朝食の形式は予めおかずがセットされた和か洋の膳のチョイス+小鉢という組み立てになっています。

f:id:sbrktkr:20200622001534j:plain

こちらが和の膳です。焼き魚や明太子、梅干しなど品数が多くて豪華です。

f:id:sbrktkr:20200622001522j:plain

こちらは洋の膳。目玉焼きやハムに加え、カニ爪フライがちょっとグレードアップされている感じ。

ご当地丼は江戸前ちらし寿司

アラカルトメニューの目玉として、ホテルごとに各地のご当地メニューが設定されています。
東京八丁堀はなんと江戸前ちらしです。セール価格は都内のほかのドーミーインでもあるのですが、八丁堀になった決めてはこの江戸前ちらしといっても過言ではありません。

江戸前ちらしは注文してから提供まで時間がかかったため、席まで運んでいただきました。

ホットミールはがっつり

f:id:sbrktkr:20200622001512j:plain

御膳に加え、アラカルトでの提供もあります。ホットミールはからあげ、ハンバーグなどがっつりなラインナップですね。

f:id:sbrktkr:20200622001502j:plain

ごはんによくあう小鉢はこのように小分けにして並べられています。
ほか、牛乳(200mlパック)とヤクルトが冷やされていました。

実食レポート

それではいただきます!

f:id:sbrktkr:20200622001450j:plain

私は和の膳を選択しました。
焼き魚、明太子、味玉、きんぴら、梅干し、ナス炒め、白和えなどなど、朝ごはんのおかずとして考えられるほぼ全てのおかずを網羅しているといってもいいでしょう。
個人的にはたこわさが入っていたのがよかったです。おつまみによく出ますがごはんにも合いますよね。

直前まで冷蔵庫に入れられていたためひんやりしていましたが、特に気にはならなかったです。

f:id:sbrktkr:20200622001348j:plain

そしてこちらは待ちに待った江戸前ちらし!
まぐろ、穴子、エビ、こはだなどのネタがきれいに盛り付けられています。
ネタは大きさも味もしっかりしていて、朝食メニューとは思えないクオリティです。
ごはんは少なめに盛られていて、ほかにご飯茶碗を食べてもよいくらいのちょうどよさです。

ほかにもアラカルトで印象的なメニューをご紹介します。

f:id:sbrktkr:20200622001422j:plain

ふらうらにんじんのスムージー。にんじんとは思えないくらいの甘さです。

f:id:sbrktkr:20200622001410j:plain

ハンバーグは小さめでしたが、温野菜と合わせてヘルシーにいただけます。

f:id:sbrktkr:20200622001357j:plain

日替わりの汁はつみれ汁でした。

川を眺めるテラス席がおすすめ

f:id:sbrktkr:20200622001430j:plain

実は朝食会場の横にはテラス席があります。東京の川を眺めながらの朝食はとても気持ちがよいので、空いていたらぜひここでご飯をいただいてみてください。

まとめ

以上、ドーミーイン東京八丁堀のレポートでした。

温泉と朝食を楽しんで、この価格は大満足の内容でした!
温泉目当てにもう一回泊まってもいいかなというくらいです。

お得なプランは6月末までとなっているので、日程があう人はぜひ宿泊してみてください。

宿泊予約はこちらから↓(じゃらんのページに飛びます)