ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

羽田でゆったりできるカフェ ANA Hangar bay Cafe by PABLO

ANAとチーズケーキのPABLOがコラボしたカフェ、ANA Hangar bay Cafe by PABLOに行ってきたレポートです。お手頃な軽食とゆったりした空間で搭乗前の時間を過ごすことができました。

ANA Hangar bay Cafe by PABLOの概要

チーズタルトの専門店のPABLOとANAがコラボしたcafeがANA Hangar bay Cafeです。

チーズケーキ革命!焼きたてチーズタルト専門店PABLO(パブロ)

ANA Hangar bay Cafe by PABLOのアクセス

ANA Hangar bay Cafe(以下、カフェ)は羽田空港第1ターミナルの5階にあります。ANAが離着陸するターミナルは第2ターミナルなのに、カフェはなぜか第1ターミナルにあるんですね。謎です。

行き方なのですが、まず5階までエスカレーターで登ります。5階のレストラン街の、そばのあずみ野さんとLDHキッチンの間の廊下を奥に進みます。

そうすると、この奥にお店なんかないんじゃないかという狭い通路が出てきます。

f:id:sbrktkr:20191021161036j:plain

途中に案内板があるので、信じながら進みます。
廊下を進むとちょっとした広場が出てきて、その広場を左に曲がるとカフェがあります。

f:id:sbrktkr:20191021161000j:plain

あまりこの場所は知られていないのか、飛び石連休の初日にもかかわらずカフェや広場は少し空いていました。

ANA Hangar bay Cafe by PABLOのメニュー

カフェのメニューは看板メニューのチーズタルトをはじめ、お腹を満たす軽食メニューも数種類あります。
パスタやカレーなど、いわゆるファミレスメニューですが、カレーをスキレットに入れて提供するなど少しひと工夫入れてます。
個人的にはちょっとハイカロリーかなと感じました。サンドイッチなど軽いメニューもほしいです。

時流に乗ったのか、期間限定でタピオカドリンクもありました。

f:id:sbrktkr:20191021161005j:plain

タルトはおばけの飾りがついてハロウィン仕様でした。

秋限定としてモンブランと紫芋のタルトがありました。フレーバーが6種類くらいあって一回では食べきれません。

f:id:sbrktkr:20191021161011j:plain

フードの他にカフェ限定グッズもあります。ロゴ入りマグカップもありますよ。

f:id:sbrktkr:20191021160952j:plain

ANA Hangar bay Cafe by PABLOの内装

カフェの内装がすごく素敵なんです。工場をリノベしたような雰囲気や、ところどころに飾ってあるANAの飛行機の写真など、随所にANAコラボを感じられる内装です。

f:id:sbrktkr:20191021160956j:plain

f:id:sbrktkr:20191021161021j:plain

f:id:sbrktkr:20191021161016j:plain

ハンバーグカレーをいただきました

私はハンバーグカレー(900円)をいただきました。
注文するとフードコートであるようなブザーを渡されます。ブザーがなるとカウンターにメニューを取りに行くようなシステムになっています。

ハンバーグカレーは10分ほどの時間で提供されました。

f:id:sbrktkr:20191021161026j:plain

円柱に固められたご飯の上に、ルーとハンバーグが乗っかっています。
熱せられたプライパンはかなり熱く、ルーもぐつぐつ煮立っているくらいあつあつです。

f:id:sbrktkr:20191021161030j:plain

ちょっと見た目は良くないですが、ハンバーグとごはんの塊を崩してみました。
ハンバーグは肉汁がたっぷり詰まっていて、ご飯はしっかりめに固められています。ごはんの量は固められているせいか、見た目よりもボリュームがあります。

ルーはフルーティーな甘めのお味ですが、スパイスがあとからピリッと効いてきます。
ちびっこ向けと言うよりちょっと大人向けの味になっています。

以上、ANA Hangar bay Cafeの紹介でした。
JAL派でもANA派でも、第1ターミナルを利用した際はぜひ利用してみてください。