ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

伊勢志摩でプライベートビーチ気分を味わえる公設ビーチ 間崎島

今回の伊勢島旅の最後に、ちょっとだけ離島の間崎島(まさきじま)に立ち寄ってみました。賢島から10分ほどで着いてしまう離島で、ビーチがとてもきれいでした!プライベートビーチ感満載なので、ぜひ賢島を観光の折には立ち寄ってみてください。

間崎島のアクセス

間崎島は賢島の2-3キロ先にある離島です。

間崎島へはあご湾定期船で行くことができます。1時間に一回程度の頻度で運行しています。

あご湾定期船はまわりゃんせで無料で利用することができます。まわりゃんせを持っている人は追加料金無しで乗ることができるので、ぜひ立ち寄って欲しいですね。

shima-marineleisure.com

 まわりゃんせをフル活用したレポートはこちら↓

www.nuiandfood.com

 賢島駅から徒歩5分の定期船乗り場で船を待ちます。

船がやってきました。船の先端がぱかっと開き、乗れるようになっています。乗り込んでみると、地元民がほとんどのようで、お年を召した方と高校生がほとんどでした。

f:id:sbrktkr:20190914225937j:plain

f:id:sbrktkr:20190914225945j:plain

間崎島までは15分ほどのクルージングです。きれいな英虞湾の島々や、遊覧船の賢島エスパーニャクルーズが横切るのを眺めているとあっという間についてしまいました。

間崎島に到着

15分ほどで間崎島につきました。帰りの船は25分後ということで、ほんの一瞬の大冒険を始めます。

f:id:sbrktkr:20190914225951j:plain

f:id:sbrktkr:20190914225958j:plain

f:id:sbrktkr:20190914230006j:plain

きれいな青空と自然、人気のしない民家。普段の都会の喧騒とは正反対の世界です。

船を一緒に降りた数名を除いて、島の人に会うことはありませんでした。

船を降りたらすぐにプライベートビーチ!

間崎島の公営ビーチは船を降りて左手に100メートル歩いたすぐのところにあります。

f:id:sbrktkr:20190914230015j:plain

f:id:sbrktkr:20190914230021j:plain

見てくださいこの透明度の高い海!これを独り占めすることができました。

海水浴場になっていて、シャワーもあります。夏休みには子どもたちが遊びに来るようなビーチだそうです。時間もないので周りを散策しただけになりましたが、機会があったらここで思いっきり遊んでみたいですね。

f:id:sbrktkr:20190914230029j:plain

時間になったので帰ります。

帰りは連絡船の二階デッキ部分に乗って帰ってきました。目線が高いため景色をさらに楽しめます。

f:id:sbrktkr:20190914230040j:plain

泊まった宿も海から眺めると印象が変わりますね。

10分ほどでクルージングも終わりです。あっという間に賢島に戻ってきました。

透明ビーチを独り占めできる間崎島はおすすめ!

以上、あご湾定期船と間崎島ビーチのレポートでした。

賢島から10分程の離島には透明なビーチがひっそりと佇んでいました。

あご湾定期船はまわりゃんせで無料で乗れますので、まわりゃんせを持って賢島観光する方は是非旅程に組み込んでみてくださいね。