ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

近鉄で伊勢志摩周遊したら観光施設がほぼタダになる?!お得な切符、まわりゃんせ

伊勢志摩を観光するにあたり、近鉄で発売している企画きっぷのまわりゃんせを利用しました。結果かなりお得に旅行ができました!
まわりゃんせの簡単な説明と、まわりゃんせをフルに利用したらいくらお得になるかご紹介します!

まわりゃんせの概要

まわりゃんせは近鉄から発売している企画きっぷです。名古屋・大阪から伊勢志摩エリアまでの往復特急券と、伊勢志摩エリアの近鉄フリー乗車券、その他の交通機関のフリー乗車券、施設利用券がついています。
以下、近鉄ホームページからの引用です。

  • 近鉄電車発駅からフリー区間(松阪~賢島間)までの往復乗車券とフリー区間の乗車券
    ※ゆきの発駅とかえりの着駅が異なる場合もご利用いただけます。

  • 近鉄電車「ゆき」(発駅→松阪~賢島間)と「かえり」(賢島~松阪間→着駅)の特急券引換券

  • 近鉄電車フリー区間(松阪~賢島間)用特急券引換券4枚
    ※フリー区間用特急券引換券は追加が可能です。フリー区間内では何度でも特急をご利用いただけます。

  • 三重交通バス(松阪・伊勢・鳥羽・志摩地域内)・鳥羽市かもめバス4日間乗り放題

  • 鳥羽市営定期船・志摩マリンレジャーあご湾定期船4日間乗り放題

  • 伊勢神宮 内宮⇔伊勢志摩近鉄リゾート各ホテルを結ぶ「パールシャトル」の片道1回乗車券(事前予約制)

  • 20の観光施設の入場・入館が可能

  • “まわりゃんせ”の呈示で特典が多数

お値段は大人で9,800円です。この内容だと思うと結構お安いですね。

www.kintetsu.co.jp

どこで買えるの?

まわりゃんせは近鉄の各駅と、近畿日本ツーリストやJTBなどの旅行代理店で買えます。関東からの旅行の場合でも、あらかじめ旅行代理店で買えるのはうれしいですね。ただし行きと帰りの特急券は旅行代理店で予約できますが、フリー区間の特急券は近鉄の駅でしか予約できませんので注意してください。
また、近畿日本ツーリストで購入した場合は引換券しか発行されず、近鉄の駅でまわりゃんせの本体や特急券に引き換える必要があります。

まわりゃんせの券面

まわりゃんせを購入すると、青い封筒をもらえます。

f:id:sbrktkr:20190914230131j:plain

青い封筒の中には、まわりゃんせの券面とまわりゃんせの利用ガイドが入っています。

f:id:sbrktkr:20190914230137j:plain

左の青いほうがまわりゃんせの券面になります。バスの乗車時や観光施設での出入りにはこちらを使いますので、なくさずに持っておく必要があります。

ほか、近鉄フリー区間の乗車券ももらえます。こちらも頻繁に使いますのでなくさないようにしないといけません。

まわりゃんせで使える施設

まわりゃんせでは松坂・伊勢・鳥羽・賢島エリアの観光施設が無料で使えます。

例えば伊勢エリアだとお伊勢まいり資料館、鳥羽エリアの鳥羽水族館、賢島エリアの賢島エスパーニャクルーズなどの定番観光スポットに無料で入ることができます。

鳥羽水族館は大人料金で2,500円もするチケットです。それがただになるのですから、とってもお得です。

利用した電車と施設

まわりゃんせを駆使した結果、なんと16,310円分をまわりゃんせを使って無料で利用することができました。まわりゃんせのお値段が9,800円ですから、6,510円もお得に利用できたことになります。率で言うと66%引き!
しかもまわりゃんせを持っていなければ敬遠して行かなかったところもありますから、まわりゃんせを駆使して金額以上に伊勢志摩エリアを堪能したことになります。

それでは、まわりゃんせを使った路線や施設を紹介します。

1日目

1日目は名古屋から伊勢までの移動と、伊勢市駅から伊勢神宮までの移動でまわりゃんせを利用しました。

  • 名古屋〜伊勢市(近鉄) 2,770円
  • 伊勢市〜内宮前(三重交通バス) 430円
  • 内宮前〜外宮前(三重交通バス) 430円

2日目

2日目はまわりゃんせをフル活用しています。早朝に朔日市で伊勢神宮を周り、伊勢から鳥羽へ移動しました。鳥羽では鳥羽水族館とイルカ島に行き、フルに観光しました。最後は賢島の宿へ特急で向かいました。やはり特急は快適ですね。

  • 伊勢市〜五十鈴川 (近鉄) 160円
  • 内宮〜伊勢市(三重交通バス) 430円
  • 伊勢市〜鳥羽(近鉄) 840円
  • 鳥羽水族館入館料 2,500円
  • イルカ島クルーズ 1,900円
  • 鳥羽〜鵜方(近鉄) 940円
  • 鵜方〜賢島(近鉄) 740円

3日目

3日目はあご湾定期船で間崎島という10分で行ける離島に寄り道しました。フリーでなければ立ち寄らなかったところなので、まわりゃんせに感謝です!
志摩マリンランドでもマンボウを見たり、とても楽しい時間を過ごせました。

  • あご湾定期船      740円
  • 志摩マリンランド入館料 1,400円
  • 鳥羽〜近鉄名古屋    3,030円

実際に乗車した近鉄特急

まわりゃんせは特急乗り放題でして、近鉄で運行しているさまざまな特急に無料で乗ることができました。※しまかぜは別途特別料金がかかります
私が乗った車両を少しだけ紹介します。

f:id:sbrktkr:20190914230124j:plain

名古屋〜伊勢市はスタンダードなビスタカーです。

f:id:sbrktkr:20190914230056j:plain

2階建ての2階の座席に座りました。景色はダントツにいいですね。1階部分は個室になっているようで、グループ旅行におすすめです。

f:id:sbrktkr:20190914230102j:plain

帰りには伊勢志摩ライナーに乗りました。2人用のペアシートがあるんです。

f:id:sbrktkr:20190914230045j:plain

このように、大きな窓を挟んで両側に座席があります。テーブルもついてるので、お茶しながら語らうのにちょうどよいですね。

 

以上、まわりゃんせ利用レポートでした。

伊勢志摩を周遊するなら必携です!

利用日 2019/9/1