ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

お得に美食と絶景を楽しめる!賢島の宿 みち潮

伊勢志摩観光の際に、賢島の宿 みち潮におじゃましました。リーズナブルにオーシャンビューを堪能できました!

賢島の宿 みち潮のアクセス

賢島の宿 みち潮は近鉄の賢島駅から徒歩5分ほどのところにあります。駅から電話をすれば、送迎にもスピーディーに対応してくれます。私が向かったときは電話して2分くらいで来てくれました。まるで車の中で待機してくれていたのかなと思うくらいのスピードです。

また、宿の前には短いながらも急な坂があるため、送迎をお願いしたほうがおすすめです。

賢島の宿 みち潮のお部屋

今回私が泊まったお部屋です。全室オーシャンビューとなっています。

f:id:sbrktkr:20190904202536j:plain

間取りは昔ながらの旅館という感じで、8畳のたたみ、床の間、縁側があります。

f:id:sbrktkr:20190904202541j:plain

窓からは志摩の島々が一望できます。

f:id:sbrktkr:20190904202522j:plain

トイレはウォシュレット完備です。

f:id:sbrktkr:20190904202526j:plain

f:id:sbrktkr:20190904202530j:plain

洗面台は縁側にあって、資生堂の化粧水と乳液が用意してありました。

f:id:sbrktkr:20190904202553j:plain

ほか、使い捨ての歯ブラシと手ぬぐいが用意されてます。

f:id:sbrktkr:20190904202547j:plain

お茶請けはせんべい。

ちょっと残念だったのが備え付けのお茶が粉末タイプだったことです。お茶っ葉で淹れたお茶を飲みながらのんびりするのが好きなのです。

でもあまりお茶を飲む人も減ったので、仕方ないんでしょうかね。

賢島の宿 みち潮の大浴場

みち潮さんには大浴場がありました。しかし温泉ではありませんでした。伊勢志摩の宿であまり温泉付きは聞かないので、もともとそういう土地柄なのかもしれませんね。
大浴場は3階と4階になっていて、深夜に入れ替えとなっています。フロアが分かれているのはちょっと不便だと感じました。
また深夜に大浴場に行ったため、露天風呂の風景はわかりませんでした… 一応入ることはできるんですが、まっくらで恐怖すら感じたためすぐ出てしまいました。
とはいえ、かなり空いていてゆったりと入ることができ、リフレッシュできました。

賢島の宿 みち潮の夕食

夕食は部屋だしでした。自分のペースで食べられるのが部屋だしの良いところですね。部屋出しは19時からでお願いしました。

15分ほどでちゃぶ台の上を片付け、すべてのお料理を出していただきました。

f:id:sbrktkr:20190904202605j:plain

とにかく品数が多いです。

f:id:sbrktkr:20190904202626j:plain

伊勢海老上身盛。伊勢海老がいただけましたー!ぷりぷりとしていて、身が引き締まっている上にうまみもあります。

f:id:sbrktkr:20190904202558j:plain

造里 の本日の沖の品。昆布じめしたまぐろは美味しかったです。志摩はまぐろも名物だそうですよ。

f:id:sbrktkr:20190904202610j:plain

 先付の旬菜 炙り鱧・冬瓜など。鱧とだしのジュレがとても美味しいです。

f:id:sbrktkr:20190904202616j:plain

 小鉢 胡麻豆腐と夏野菜の冷鉢 胡麻豆腐と冬瓜かな?がさっぱりいただけました。

f:id:sbrktkr:20190904202621j:plain

御凌 鰻と志摩ひじきの五目寿司。うなぎがたっぷり乗っていておいしい!

  • 鍋物 パールポークウインナーの夏トマト鍋
  • 合肴 鮎の一夜干し丸揚げ  赤にし貝串打ち
  • 温物 もろこし蒸し饅頭
  • 白ごはん 巻湯葉すまし汁

もいただきました。鍋物はまさかの洋風でしたが、ポークとトマトがよく合いおいしかったですよ。

f:id:sbrktkr:20190904202632j:plain

デザートはグレープフルーツゼリー。果汁をゼラチンで固めたシンプルなお味でした。
地場の素材を活かす味付けで、総じてクオリティが高くおいしくいただきました。部屋食で自分のペースでいただけるのもポイント高いです。

賢島の宿 みち潮の朝食

翌朝、カーテンを開けると絶景がごあいさつしてくれました。

f:id:sbrktkr:20190904202637j:plain

英虞湾の島々と養殖いかだが見えます。
朝ごはんも部屋食なので、この絶景を見ながらいただくことができます。

f:id:sbrktkr:20190904202642j:plain

ご飯に味噌汁、焼き魚と定番の献立です。

f:id:sbrktkr:20190904202654j:plain

f:id:sbrktkr:20190904202709j:plain

f:id:sbrktkr:20190904202647j:plain

その中でも新鮮なイカそうめんと伊勢えびのみが入った味噌汁が最高においしかったです。伊勢志摩ならではの素材がふんだんに使われています。

まとめ:絶景がおすすめ!

今回泊まったみち潮さんは絶景と地元素材をふんだんに使ったご飯が楽しめる、とても良い宿でした。 
また日曜泊だったため平日限定10,000円プランを使うことができ、かなりお得に泊まることができました。

みち潮さん、リーズナブルに賢島を楽しみたい人におすすめです!

今回紹介した旅館を↓から予約できます 


賢島パークホテルみち潮の予約はBooking.comで!

訪問日 2019/9/1