ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

ダイヤモンドヘッド登頂記 どのくらいの時間で登れるの?服装は?

ハワイ旅行の際にダイヤモンドヘッドへ登頂してきました。実際のコースの写真を交え、登頂記を書いていこうと思います。

適した服装や登るのによい時間も載せていきたいと思います。

ダイヤモンドヘッドのアクセス

ダイヤモンドヘッドはワイキキ中心部から東に車で30分ほどの場所にあります。
The busで行けるほか、レアレアトロリーでも行くことができます。

ダイヤモンドヘッドへの入場には現金$1が必要です。入場ゲートで支払うことになりますので、準備していきましょう。

山頂への道のり

まずは入り口で着替えやトイレを済ませます。登山道の始まりにはモニュメントがありますので、記念撮影も忘れずに行いましょう。モニュメント前には撮影待ちの人が並んでいますので、わかりやすいです。

f:id:sbrktkr:20190806003807j:plain


登山道の最初の5分ほどは平坦な道が続きます。

f:id:sbrktkr:20190806003814j:plain

登山道から山頂が見えるのですが、これがかなり遠い距離に見えるんです。ここまで普段登山しない私が登れるんだろうか…と不安になる距離です。

f:id:sbrktkr:20190806003819j:plain

めげずにどんどん進んでいきます。だんだん上り坂になっていきます。坂になると舗装もなくなり、足元が岩場に近いでこぼこ道になっていきます。気をつけて歩きましょう。

f:id:sbrktkr:20190806003825j:plain

登り坂を登るのに疲れて息が切れてきた頃に、見晴らしがよくなってきます。ちょっと振り返ると達成感が味わえます。

めげずにどんどん登っていきましょう。

f:id:sbrktkr:20190806003831j:plain

道が階段状になってきたら、山頂はもうすぐです。しかし、最大の難関が待っています。。。

f:id:sbrktkr:20190806003839j:plain

それがこちらの急階段です。勾配は30度くらいあるんじゃないでしょうか。100段はあろうかという階段をどんどん登っていきます。

f:id:sbrktkr:20190806003850j:plain

途中で螺旋階段に切り替わります。暗所と高所恐怖症の私はいろんな意味でしんどさを感じましたが、なんとか登り切ることができました。

f:id:sbrktkr:20190806003844j:plain

 階段を登り切るととても天井の低い場所に出ます。こちらはもともと米軍の監視の櫓だったそうです。

ここまでの険しい道のりは、軍隊仕様だったのですね。

この階段のルート以外に迂回路があるので、ファミリーは迂回路がおすすめです。

登頂完了!

櫓から外に出ると、真っ青な海と空が見えます。ここの達成感はひとしおです。

f:id:sbrktkr:20190806003857j:plain

でも、まだ山頂ではありません!

もう少しがんばると絶景が待っています。

f:id:sbrktkr:20190806003905j:plain

写真真ん中の展望台が山頂です。あとちょっとー!

f:id:sbrktkr:20190806003911j:plain

山頂に着きました!山頂からはワイキキビーチとホテル群を一望できます。雲がほとんどない青空は眺めていてとても気持ちが良いですね。

写真撮影も早々に、早足で降ります。帰りのトロリーを逃すと帰れなくなってしまいます汗

下るときは気が緩みがちですから、気をつけて降りていきます。下りの岩道で足をひねったりしたらシャレになりませんから。

山を登って降りて、大体1時間半かかりました。大人一人で早足でのタイムです。

ゆっくり歩いたり、団体でみんな足並みを揃えたり、混雑して行列になっていたりするともっと時間がかかると思います。

麓の施設など

入場料で賄いできているのか、麓の施設は充実しています。登頂の際には麓でしっかり準備して向かいましょう。

f:id:sbrktkr:20190806003917j:plain

トイレはきれいにされています。時間によっては混んでいました。

f:id:sbrktkr:20190806003925j:plain

こちらは売店。水のほか、お土産も売っています。

f:id:sbrktkr:20190806003930j:plain

お土産はTシャツ、キーホルダーなどの定番が。

f:id:sbrktkr:20190806003936j:plain

ジュースの屋台もあります。

f:id:sbrktkr:20190806003946j:plain

パイナップルが大量に積んでありました。

パイナップルをくり抜いた容器に入ったジュースが名物のようです。私は特に購入せず。

f:id:sbrktkr:20190806003954j:plain

まとめとTips

以上、ダイヤモンドヘッド登頂記でした。
これから登る方へのアドバイスを列挙します。

  • 所要時間は大人の足で最短1時間半。自信がない場合はもっと余裕を持って
  • 服装は歩きやすければなんでも良いが靴は最低でもスニーカー。道が凸凹しているのでビーチサンダルは厳禁。
  • 朝8時で日が強い。なるべく早い時間に登るか、日差し対策を。
  • 朝9時には混雑する。出発が遅い場合は次の予定との間に余裕をもっておくことをオススメ。

やはりワイキキを望む絶景を味わえるダイヤモンドヘッドはおすすめです。

訪問日 2019/7/3