ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような細かい情報をお届け 2020世界一周予定

全米1のビーチへ公共交通機関で行ける!ラニカイビーチのバスでの行き方

ハワイ東部にあるラニカイビーチに行ってきたレポートです。ラニカイビーチは全米1のビーチに選ばれたこともあるビーチなんです。

ワイキキからラニカイビーチへは車で1時間ほどで行けるのですが、ラニカイビーチは住宅街にあるためツアーバスの乗り入れができません。

ラニカイビーチへはレンタカーやタクシーでしか行けないのかと思われますが、唯一公共交通機関で行ける方法があります。バスを使うのです。

トロリーと比べ旅行者にはハードルが高いと思われるバスの旅。しかし最近はスマホアプリなどを活用することでバスに乗るのはかんたんになりました。

この記事ではバスでラニカイビーチに行く方法と、ラニカイビーチでの楽しみ方をレポートします。

ラニカイビーチとは

ラニカイビーチはハワイ東部のカイルア地区にあります。

Dr.Beachというウェブサイトのアメリカビーチランキングで一位に輝いたことがあり、穏やかな波ときれいな青の海が評判のビーチです。

ラニカイビーチは住宅街の中にあり、団体ツアーバスは入れないようになっています。

そのため団体旅行やツアーバスでは訪問できず、自家用車やタクシー、バスで伺う必要があります。

バスであれば運転できない人の一人旅でもリーズナブルにラニカイビーチに行けます!

バスの乗り方とアプリ

ハワイの公営バスthe busはオアフ島全域をカバーしています。
the busの乗車賃は一回$2.75です。現金払いで、お釣りは出ませんので事前に小銭をご用意ください。

一日券は$5.5です。ラニカイビーチへ行くには乗り換え含めて3回以上バスに乗るため、一日乗車券の購入がおすすめです。
一日乗車券の買い方は、バスに乗るときに運転手に一日乗車券がほしい旨を話し、運賃箱に$5.5入れるだけです。

またバスに乗るときにおすすめなアプリがthe busのアプリ(Da Bus2)とgoogle mapです。the busのアプリでは近くにあるバス停を検索し、次に来るバスの時間を調べることが出来ます。

f:id:sbrktkr:20190727234656j:plain

さらに次に来るバスがどこにいるかまでわかります。遅延があっても焦らずに待てるのは、旅行のときありがたいですよね。

google mapでは目的地までの経路を調べることができます。

google mapでおおよそのルートの見当をつけ、バス停の近くに来たらthe busのアプリで路線と時刻を確認し、来るバスの位置を確認して待つ、という使い方がおすすめです。

まずはカイルアへ

ワイキキからラニカイビーチへのルートをご紹介します。
ワイキキからラニカイビーチへ行く直行バスはありません。
まずはワイキキからアラモアナセンターに出る必要があります。アラモアナセンターへはthe bus以外にもいろんな行き方がありますので、自分のホテルから行きやすい方法で向かいましょう。

アラモアナセンターのバス停は南側、アラモアナ通り沿いにあります。アラモアナセンター周辺にはたくさんバス停がありますが、今回使うのは「Ala Moana Bl + Ala Moana Center」です。他のトロリーなども同じバス停を使っている大きなバス停なのですぐわかると思います。アラモアナセンターのバス停では56あるいは57番線に乗ります。

アラモアナのバス停からカイルア地区へは1時間ほどかかります。この日は朝から土砂降りでした。海に着くまでに晴れてくれればいいのですが…

ハイウェイから降りてしばらく進むとスーパーなど商業施設が見えてきます。カイルア地区の街なかに出たら、「Kailua Rd+ Hamakua Dr」で降りましょう。57番線なら、もう一つ先の「Kailua Rd + Opp Oneawa St」で降りると、ホールフーズマーケットの前に降りれます。

カイルアには朝食が美味しいお店がたくさんあるので、早起きしてカイルアで朝食をいただくことをおすすめします。

私が訪問したブーツアンドキモズのレポートはこちら↓

www.nuiandfood.com

カイルアタウンからラニカイビーチへの行き方

カイルアの市街地で一休みしたら、ラニカイビーチへ向かいます。ラニカイビーチへ向かうバスの70番線はかなり本数が少なく、1時間に1,2本ほどしかありません。

アプリで時間を確認してから予定を立てましょう。

参考に平日の午前中のダイヤは以下になります。

f:id:sbrktkr:20190727234701j:plain

f:id:sbrktkr:20190727234707j:plain

バスの70番線に乗って18分程でラニカイビーチ近くのバス停に着きます。途中ではカイルア・ビーチ・パークの海岸線が見えてきます。

ラニカイビーチに一番近いのは「Aalapapa Dr + Kaelepulu Dr」ですが、手前の「Alala Dr + Kaneapu Pl」のバス停で時間調整が10分ほどあります。時間に余裕がある人は待っていてもいいですし、早く行きたいと気持ちがはやる人は降りて10分ほど歩いてもいいでしょう。

f:id:sbrktkr:20190726213113j:plain

歩いて行くとラニカイビーチと書いたモニュメントがあります。フォトスポットになっています。

モニュメントのある坂道を下ると住宅街の一本道に続いています。狭く一方通行になっているため車に注意しながら歩いていきます。

歩いて行くと家と家の間にラニカイビーチへ抜けられる横道が見えてきます。この横道は何本かあってそれぞれ違う顔を見せています。少し歩いて見比べてみるのも楽しいです。

f:id:sbrktkr:20190726213118j:plain

f:id:sbrktkr:20190726213123j:plain

横道を抜けると雑草が生い茂っています。雑草を踏みしめながら歩いていくと…

f:id:sbrktkr:20190726213129j:plain

ラニカイビーチは波が穏やかできれい!

ラニカイビーチが見えます!

f:id:sbrktkr:20190726213310j:plain

ラニカイビーチのアイコンのふたご島が見えます。海の色は緑と青が入り混じった色でなんとも表現し難く、とてもきれいです。

先程までの雨はやみましたが、まだ少し雲が見えます。

f:id:sbrktkr:20190726213305j:plain

タオルを敷いて読書でもしてみます。

f:id:sbrktkr:20190726213315j:plain

野生動物もいるようで、鳥と謎の巣穴を発見しました。
一回巣穴に足を取られました。お子さん連れの場合は注意したほうがいいかもしれません。

f:id:sbrktkr:20190726213319j:plain

ビーチから山をのぞんでみます。カヌーを借りて沖に出る人も多いようです。

f:id:sbrktkr:20190726213323j:plain

だんだん晴れてきました。空の色が変わるにつれ、海の色も変わってきます。

f:id:sbrktkr:20190726213327j:plain

f:id:sbrktkr:20190726213332j:plain

晴空だと、もっと緑の色が濃くなってエメラルドブルーという表現がしっくりきます。

f:id:sbrktkr:20190726213336j:plain

なぜかレッドブルを配るキャンペーンガールが練り歩いていました。
ここでレッドブルを飲むほど切羽詰まっている人はいないんじゃないだろうかと思いながら、一本いただきます。
こんなに空と海の色が綺麗だと、撮影者の腕は関係なくいい写真が取れますねw

f:id:sbrktkr:20190726213133j:plain

気づいたら時間は昼過ぎで、日もかなり強くなってきたので帰ることにします。
ラニカイビーチは住宅街にあるため、シャワーやトイレなどの設備がありません。
シャワーを浴びにカイルア・ビーチ・パークへ向かいます。
先程通った道を戻って15分ほどで、バスで見かけたビーチパークへ戻ります。

カイルアビーチパークもおすすめ

カイルア・ビーチ・パークへ向かう坂道でとてもきれいな景色が見えました。

f:id:sbrktkr:20190726213138j:plain

f:id:sbrktkr:20190726213143j:plain

行きにも通った坂道を降りるとカイルア・ビーチ・パークが見えてきます。
カイルア・ビーチ・パークの駐車場に近い芝生の中の建物がトイレです。トイレには着替えができる個室もあります。トイレは思ったよりもきれいですよ。
トイレ近くにあるシャワーを浴びて、水着が乾くまで一休みします。

f:id:sbrktkr:20190726213341j:plain

カイルア・ビーチ・パークのほうが地元のファミリーが多く、にぎやかです。
とはいえワイキキよりはだいぶ静かです。

ブログを書くときに調べたところ、なんとカイルア・ビーチ・パークが今年のDr.BeachのNo.1ビーチに選ばれていました。

drbeach.org

シャワーやトイレがないのは不安という人はカイルア・ビーチ・パークで準備してからラニカイビーチに行くのもいいかもしれませんね。

まとめ

ラニカイビーチへの行き方のご紹介でした。気をつけるべきポイントをまとめてみました。

  • ラニカイビーチはアプリを駆使すればバスでも行ける
  • ワイキキからは乗り換え必須。アラモアナセンターで乗り換え
  • カイルアからラニカイビーチまでのバスは本数が少ないため事前に確認を
  • ラニカイビーチにはトイレやシャワーがない。事前に準備し、帰りにはカイルア・ビーチ・パークにてシャワーを

気をつけるべきポイントはいくつかありますが、それさえ気をつければとても美しいビーチを堪能することができますよ!

訪問日 2019/7/1