ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような、現地に行かないとわからないことを意識して書いて行こうと思います

日帰り高知旅 漫画家大会議と市内観光

アニメイベントのために日帰りで高知に行ってきました。短い時間ですがイベント以外も高知を堪能することができました!搭乗記も合わせて、日帰り高知旅をレポートします。

はじめてのプレミアムチェックイン

昨年SFC修行なるものをしたおかげで、ANAの上級会員になった私。上級会員になってからはじめてのANA搭乗ということで、はじめて上級会員の特典を利用します。

f:id:sbrktkr:20190305020705j:plain

まずはプレミアムチェックイン。上級会員のみが使えるチェックインカウンターと保安検査場を備えています。通常の保安検査場が混んでいても、こちらは数人しか前におらず、スムーズに検査を終えることができました。

f:id:sbrktkr:20190305020701j:plain

ラウンジも使えます。朝なのでコーヒーを少しいただいて搭乗前にほっとできるのはうれしいですね。

上級会員になるために乗った飛行機の搭乗レポートはこちらから読めます↓

 

www.nuiandfood.com

ANA561便にのり、高知に向かいます。

f:id:sbrktkr:20190305020658j:plain

道中富士山がきれいに見えました!

f:id:sbrktkr:20190305020655j:plain

富士山が見えるのを見越して窓側を選んで良かったです。上級会員になると座席指定も選択肢が増えるため、かんたんに窓側を取ることができました。

高知城を見学

高知についてシャトルバスに揺られ、まず来たのは高知城です。国内でも数少ない現存する天守閣を持っています。丘の上に建っているため、天守閣のふもとに行くのも一苦労です。私は途中で諦めました。

f:id:sbrktkr:20190305020649j:plain

ひろめ市場への行き方

さて、お楽しみのご飯タイムです。

ひろめ市場は高知城すぐのところにあります。

f:id:sbrktkr:20190305020756j:plain

招き猫の看板が目印です。

ひろめ市場には店舗が入っていて、海産物のお店だけでなく、お酒、スイーツ、野菜、お土産などいろんな店舗が入っています。お店で買ったものをオープンスペースのテーブルで食べることができます。

 ひろめ市場での高知グルメレポートはこちらから読めます↓

www.nuiandfood.com

トークショーに感動

高知に来た最大の理由は、漫画家大会議のトークショーを聞きに来たからでした。

漫画家大会議は漫画で観光誘致をしている高知県が毎年行っているイベントです。今年は声優の池田秀一さんと古谷徹さんのお二人のトークショーがあったため、コナンの赤井さんと安室さんが大好きな私はすぐ参加を決めたのでした。

こちらがトークショーの会場、かるぽーとです。階段とエスカレーターを乗り継いで7階まで行けるのですが傾斜がすごいです。高知城といい高知県民は急な坂が好きなのでしょうか。

f:id:sbrktkr:20190314005348j:plain

こちらが今回のイベントのポスターです。このお二人が揃ってイベントに登壇するのは数年ぶりだそうで、貴重な機会ですね。

f:id:sbrktkr:20190314005341j:plain

トークショーはなぜかスナックという設定で、最初に司会の方扮するママと、古谷さんが登壇して古谷さんのキャリアのお話をされました。次に池田さんが登壇して池田さんのキャリアの話をし、あとはガンダムで二人が共演されてからの時間軸のお話をされてました。

何がすごいってスナックという設定なので、日本酒飲みながらトークしてるんです。お二人ともお酒好きと聞いていましたが、ここまでとは…

後半の目玉は生アフレコ。純黒の悪夢の名シーン、観覧車の上での乱闘のシーンを演じてくれました。

それまではまったりトークだったのに、マイクの前に立った瞬間雰囲気が変わるのです。何回かのセリフのやりとりが終わった瞬間、会場の張り詰めた緊張が解けて大喝采が生まれました。

お買い物

ショーの前後でしっかりお土産も買っています。しっかり地酒を購入しました。辛口の久礼と甘口の亀泉です。亀泉の生酒はあまり売っている場所がなく、私は高知大丸のお酒コーナーで入手しました。

f:id:sbrktkr:20190314005345j:plain

お菓子ははりまや橋近くの青柳さんで購入。竜馬がゆくは配りやすい個包装のお菓子です。半熟チーズもふわふわで美味です。

f:id:sbrktkr:20190314005337j:plain

www.tosa-aoyagi.com

帰りのフライト

トークショーが終わったのが16時半で、帰りの飛行機は18時発。あっという間の日帰り旅です。

f:id:sbrktkr:20190314005334j:plain

手荷物検査入口では竜馬がお見送りしてくれます。

f:id:sbrktkr:20190314005558j:plain

帰りのANA570便は最新機材のA320が使用されており、国内線なのにパーソナルディスプレイがついています。

f:id:sbrktkr:20190314005555j:plain

弾丸旅最後のご飯はひろめ市場にある鯛めしのモリミツさん。鯛めしは350円というお値段ながら鯛の身がしっかり入っていて、味付けも鯛のだしが効いていました。

以上で高知弾丸旅は終わりです。今回は市街地でグルメを堪能しましたが、今度はまったり周辺の観光スポットを回りたいですね。

訪問日 2019/3/2