ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような、現地に行かないとわからないことを意識して書いて行こうと思います

黒部観光ホテルのバイキングメニュー紹介

黒部観光ホテルに行ってきました!この記事では夕朝食バイキングを中心に紹介して行こうと思います。

黒部観光ホテルについて

黒部観光ホテルは長野県にあるホテルです。今回はスキー旅行のために泊まりました。リフト券付きパック旅行で申し込みました。

www.kurokan.com

f:id:sbrktkr:20190223230808j:plain

エントランスにも生け花が飾ってあり、築年数の割にきれいにされています。

f:id:sbrktkr:20190223230635j:plain

黒部観光ホテルの夕食バイキング

さっそく夕食バイキングのレポートです。1月だったためかお正月の飾り付けがしてありました。

f:id:sbrktkr:20190215001751j:plain

基本的に宿泊客はみんなバイキングです。席も自由席になっています。私達は大人数だったため、大きいテーブルをとっておいていただきました。 さっそく見ていきましょう!

メイン

ステーキは外国産でしたが、柔らかく美味しかったです。目の前で焼いてくれます。

f:id:sbrktkr:20190215001747j:plain

おさしみは小分け形式。これなら常に新鮮なものが食べられますね。まぐろ、赤海老などがありました。

f:id:sbrktkr:20190215001743j:plain

焼き鳥もありました。

f:id:sbrktkr:20190215001740j:plain

バイキング定番のかに!まずまずの味でした。

f:id:sbrktkr:20190215001736j:plain

ここから名産コーナーになります。まずはおやきです。

f:id:sbrktkr:20190223230241j:plain

皮がもちもちで、結構お腹が膨れました。

f:id:sbrktkr:20190223230237j:plain

ここでしか食べられないのが鮎の塩焼き!一匹まるごと焼いたものが提供されます。大人気で何回も補充してもすぐなくなります。

f:id:sbrktkr:20190223230231j:plain

なぜかつけ麺コーナー。スープも三種類ある気合の入れっぷりです。私は食べていませんが、常に人がいました。

f:id:sbrktkr:20190223230227j:plain

こちらはすき焼きとキムチ鍋。すき焼きは少し甘めの味付けでおいかったです。

f:id:sbrktkr:20190223230344j:plain

天ぷらコーナー。目の前で揚げてくれるのでさくさくです。海老天などの魚介と、ししとうかぼちゃなどの野菜が数種類ありました。

f:id:sbrktkr:20190223230341j:plain

それではデザートコーナーです。

f:id:sbrktkr:20190223230326j:plain

ケーキ、大福など。ケーキはおそらく出来合いのものですがおいしかったです。

f:id:sbrktkr:20190223230337j:plain

アイスは自分ですくって作るスタイルです。ちびっこに大人気でした。

f:id:sbrktkr:20190223230332j:plain

ほか、フルーツもありました。長野だからかりんごがとてもみずみずしくておいしかったです。

朝食バイキング

朝食バイキングは混雑しており、あまり料理の写真は撮れませんでした。

f:id:sbrktkr:20190223230631j:plain

ご飯のお供がたくさんあります。ほぼすべてのものが売店でお土産として売っています。

f:id:sbrktkr:20190223230627j:plain

ポテトフライ、ウインナーなどの洋食の定番ごはんもあります。

f:id:sbrktkr:20190223230814j:plain

私の盛り付けがこちらです。糖質を控えたかったため野菜と大豆製品、卵がほとんどです。あまり地のものがありませんが、卵が地卵で美味しかったです。

なぜか限界集落がブランド化されていて、限界集落漬物、限界集落味噌などがおいて有りました。

どうやら「限界集落一番」という長野の食品加工会社があるそうです。

www.oishi-nagano.jp

f:id:sbrktkr:20190223230811j:plain

以上、黒部観光ホテルのバイキングの紹介でした。種類がとても豊富で、内容も充実していました。団体旅行やパック旅行のお客さんが多いですが、夜は静かでよかったです。

 訪問日 2019/1/26