ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような、現地に行かないとわからないことを意識して書いて行こうと思います

台湾一人旅2019 鼎泰豊で小籠包と担々麺にもチャレンジ 信義三越A4店

台湾といったら小籠包!小籠包といったら鼎泰豊!ということで今回も鼎泰豊に訪問してきました。信義三越A4店で担々麺にもチャレンジしてみましたよ。

鼎泰豊信義三越A4店のアクセス

鼎泰豊信義三越A4店は信義三越の地下2階にあります。信義三越自体は市政府駅すぐのアクセスよいところにあります。しかも信義三越に入ると、エスカレーター近くに鼎泰豊は地下2階にあるという看板が置いてあるので、それに従うとついてしまいます。

わざわざ看板があるというところで人気が伺えます。

www.dintaifung.com.tw

鼎泰豊の順番待ちシステム

日曜の13時頃に訪問したところ、この人だかりができていました。鼎泰豊は整理券があるので、店員さんに言ってすかさずもらいましょう。

f:id:sbrktkr:20190201000913j:plain

こちらが整理券です。日本人だとわかったからなのか、日本語の整理券が出てきました。このQRコードから、今何番待ちなのか確認することができます。なのでわざわざこの場所にいなくても、他の場所で待つことができます。私も食品コーナーを物色して待ちました。

f:id:sbrktkr:20190204015044j:plain

20分ほどで番号が呼ばれました。コンピュータが数字を中国語で読み上げて行くのですが、私のときだけ「せんろくじゅーにばーん」と日本語で読み上げてくれました。システムもしっかり多言語対応してくれるところにびっくりです。

汁なし担々麺もおいしい!

さっそく注文です。整理券と一緒にオーダーシートもくれるので、待っている間にメニューを決めていました。今回ははじめての汁なし担々麺と、小籠包のハーフアンドハーフを注文します。

10分くらい待って先に来たのは汁なし担々麺$110です。このように下にタレが敷かれていて、ゆで麺が上に乗っています。

f:id:sbrktkr:20190201000909j:plain

冷めると固くなりそうなので、ついたらすぐまぜます!結構何回も混ぜないと、まんべんなくタレが回りません。

f:id:sbrktkr:20190201001201j:plain

混ぜ終わるとこんな感じです。

f:id:sbrktkr:20190201001205j:plain

さて、いただきます!細めのストレート麺と山椒が効いたタレがたくさん絡んで、とてもおいしいです!麺が硬すぎずやわらかすぎず、ちょうどよい硬さになっているのでいくらでも食べられます。他の鼎泰豊の麺類にも挑戦してみたいですね。

いつ食べてもおいしい鼎泰豊の小籠包

担々麺を食べていると小籠包がやってきました。小籠包ハーフ$110と蟹味噌小籠包ハーフ$185です。色んな味が楽しめるので、ハーフサイズは一人旅にはとてもうれしいですね。ハーフサイズは鼎泰豊でもお店によって対応できないところがあるので注意してくださいね。

f:id:sbrktkr:20190201001158j:plain

普通の小籠包と蟹味噌小籠包はあまり見た目は変わりません。見分けるために蟹味噌小籠包のせいろについている蟹のタグがかわいいです。

f:id:sbrktkr:20190201001155j:plain

それでは、いただきます!

蟹味噌小籠包はかにみそのコクと香りが濃くておいしいです。

普通の小籠包は食べるのは3回目ですが、相変わらずお肉の脂が濃厚でおいしいです。皮ももちもちでうまみがあって、何個でも食べたいと思います。

皮のおいしさでは鼎泰豊、たねのおいしさでは明月湯包かなと思いました。

ローカルの有名店、明月湯包の訪問記はこちら↓

www.nuiandfood.com

小籠包といえばの鼎泰豊!変わらないおいしさはそのままに、観光客が殺到しても快適に食べられるシステムに対応して刷新する柔軟さが人気の秘密なのかなと思いました。

訪問日 2019/1/20