ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような、現地に行かないとわからないことを意識して書いて行こうと思います

台湾一人旅2019 一人でも火鍋が楽しめる紅九九個人鴛鴦鍋延吉店

台北にある一人火鍋レストラン、紅九九個人鴛鴦鍋延吉店に行ってきたのでレポートします!

紅九九個人鴛鴦鍋延吉店の予約

このレストランはweb予約システムができます。人数日付を入れるだけでかんたんです!

こちらのwebサイトから、[Book now]をクリックします。

f:id:sbrktkr:20190129011952p:plain

人数、時間を選択し、

 

f:id:sbrktkr:20190129011948p:plain

f:id:sbrktkr:20190129011945p:plain

名前と電話番号を入力すると完了です!

f:id:sbrktkr:20190129011938p:plain

f:id:sbrktkr:20190129012325p:plain

前日に予約確認のSMSが届くので、URLをクリックして確定させましょう。

土曜日の夕方早い時間に訪問しましたが、席は程なく埋まり、飛び込みのお客さんが断られていたので、旅行の場合は予約したほうがいいです。

紅九九個人鴛鴦鍋延吉店の行き方

紅九九個人鴛鴦鍋延吉店は国父紀念館駅から徒歩5分ほどの場所にあります。途中に中華電視公司というテレビ局があって、近くにはおしゃれな飲食店が並んでいます。

赤が基調でわかりやすい店構えです。

f:id:sbrktkr:20190124222415j:plain

一人一つのお鍋とメニュー

入店して席につくと、びっくり!IHコンロが一人一つついています。これは一人客にはありがたいですね。隣で食べているファミリーも大鍋ではなく目の前にある自分の鍋をつついていました。

f:id:sbrktkr:20190124222412j:plain

メニューはこちらです。日本語メニューもありますし、日本語が少し話せる店員さんもいます。

f:id:sbrktkr:20190129013519j:plain

スープ、具材、〆、デザートのセットで$458からです。お肉のグレードによって値段が変わっていきます。

スープは2種類から選べ、麻辣は麻(山椒のしびれ)と辣(唐辛子の辛さ)それぞれの強さを選べます。

メニューはこちらからも確認できます。

まるでアフタヌーンティーのサービス

オーダーするとあまり待たずにスープがやってきました。スープは薬膳と麻辣の鴛鴦鍋にしました。

f:id:sbrktkr:20190124222410j:plain

具材も程なく運ばれてきました。こちらはなんと!アフタヌーンティーのようなスタンドで運ばれてきます。コンロが各席にあって置くスペースが限られている中でのアイデアだと思うのですが、インパクトは抜群です。

f:id:sbrktkr:20190124222406j:plain

一番上は野菜です。コーン、パプリカ、大根、きくらげ、小松菜、白菜などがぎっしり入っています。

f:id:sbrktkr:20190124222403j:plain

お肉はアメリカ産もも肉。ロースも選べましたが赤み多めのこちらにしました。

f:id:sbrktkr:20190124222520j:plain

海鮮の皿には白身魚、エビ、ハマグリなどが乗っています。

f:id:sbrktkr:20190124222517j:plain

具材を鍋に入れた様子がこちらです。IHは火力強めですぐ火が通ります。

f:id:sbrktkr:20190124222513j:plain

f:id:sbrktkr:20190124222510j:plain

たれも二種類。実食します。

タレはスープに合わせ2種類あります。

薬膳は左の醤油ダレに味噌を少し加えて、ネギを入れたものです。麻辣はネギオンリーです。

f:id:sbrktkr:20190124222506j:plain

麻辣スープにくぐらせたお肉にネギを巻いて食べます。咳をするほどしびれが強いですが、とても美味しいです。

f:id:sbrktkr:20190124222640j:plain

こちらは薬膳。タレとネギを絡めいただきます。

f:id:sbrktkr:20190124222637j:plain

ハマグリも少し身は小さめですが美味しいです。

f:id:sbrktkr:20190124222634j:plain

エビはみそも一緒にいただきます。

f:id:sbrktkr:20190124222628j:plain

シメは中華麺で!

締めは中華麺、ごはん、ビーフンなど選ぶことができます。私は中華麺にしました。

両方のたれで麺を茹でてみました。

麻辣は白い麺にスパイスで色がつきました。辛さが中和されて美味しいです。

f:id:sbrktkr:20190124222621j:plain

薬膳は具材のだしが出てこちらもしみます。

f:id:sbrktkr:20190124222729j:plain

デザートはさっぱり梅ゼリー

デザートは仙草ゼリーと梅ゼリーの二択でした。麻辣で舌がしびれていたので、さっぱりした梅ゼリーをいただきました。パッケージが簡素でどうみても自家製です。美味しそう!あまり甘くなく鍋のあとにはちょうどいい感じです。

f:id:sbrktkr:20190124222724j:plain

レポートは以上になります。

紅九九個人鴛鴦鍋は一人でも複数でもリーズナブルに火鍋が楽しめる、おすすめのレストランです!