ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような、現地に行かないとわからないことを意識して書いて行こうと思います

世界でここしかない!ニューヨークのティファニー本店にあるThe Blue Box Cafeの予約方法と訪問レポート

ニューヨークのティファニー本店にあるThe Blue Box Cafeに行ってきました!ティファニー色の内装に囲まれたとてもステキな空間でした。この記事では予約方法とメニュー、実際に訪問したレビューを書きたいと思います。

激戦のThe Blue Box Cafeの予約方法

カフェの予約はwebでできるのですが、これがとても激戦です。画面を例にとって説明します。

まずは公式webにアクセスし、「Make a reservation」をクリックします。

f:id:sbrktkr:20190107220313p:plain

するとRASYというレストラン予約アプリへのログイン画面が出てきます。下の「Sign up」をクリックすると、会員登録画面へ移動します。

f:id:sbrktkr:20190107220310p:plain

名前やメールアドレスなどの必要事項を書いたらサインアップします。

そうすると予約画面が見られるようになります!予約で一杯の日は赤丸で表示されます。というか全て赤丸ですね!

f:id:sbrktkr:20190107220306p:plain

そうです。人気過ぎて予約開始すぐでないと取れないのです。予約は30日前、ニューヨークの標準時、アメリカ東部時間で9時から予約できます。サマータイムがなければ日本は22時です。計算がずれてもよいように、狙っている日の予約開始の数日前から練習がてらチェックした方がよいです。キャンセルも前日までかからないので、いくつか仮押さえしてもよいです。

私の体験をお話しすると、予約開始ぴったりにボタンをクリックしたものの、既に予約されているというメッセージが出ました。画面を戻ると昼の回は全て埋まっており、夕方の回しかありません。あえて昼は狙わず、予約開始直後に夕方の回を狙うとよいかもしれません。夕方でもティファニーの朝食は食べられますよ!なお予約できる時間は10:00-16:30の30分刻みです。

ティファニー本店レポート

それでは当日の様子をレポートします!カフェがあるのはニューヨークの五番街にあるティファニー本店です。なぜかこの日はお店の前にティファニーブルーのタクシーが停まってました。イエローキャブならぬブルーキャブ?

f:id:sbrktkr:20190107215259j:plain

こちらがティファニー本店です。6階建ての建物です。1740年からこの地でファインジュエリーを作り続けています。

f:id:sbrktkr:20190107215255j:plain

ショーウインドウもティファニーブルーをスプレーで吹き付けたようなアートになってました。

f:id:sbrktkr:20190107215252j:plain

さて、ブルーボックスカフェは4階にあります。エレベーターもありますが、3階から4階に昇る階段がかわいいので、階段をおすすめします。

f:id:sbrktkr:20190107215250j:plain

4階の受付で少し待つように言われたので、4階を冷やかします。ホームファニチャーを扱うフロアなので、ティーカップやポーチ、はたまた犬用のお皿や卓球ラケットまでティファニーブルーのものが売っています。

f:id:sbrktkr:20190107215630j:plain

謎の科学実験器具は香水のコーナーにあったので、多分香料の抽出過程を表しているのかな。

f:id:sbrktkr:20190107215627j:plain

The Blue Box Cafeの内装はティファニーブルーで統一

さていよいよカフェに入ります。16時の予約だったため西日が入り、雰囲気が変わります。

f:id:sbrktkr:20190107215247j:plain

あまりカフェの広さはありません。四人かけのテーブルが10セットほど、50席もないです。回転率も高くなさそうですし、予約できる枠自体が少なさそうですね。

f:id:sbrktkr:20190107215639j:plain

f:id:sbrktkr:20190107215636j:plain

テーブルセッティングはもちろんティファニーブルーで統一されています。席につく前からテンションが上がります。白い花、カラーかな?のアレンジメントも素敵ですね。

f:id:sbrktkr:20190107215633j:plain

席につくとメニューがおかれていました。

f:id:sbrktkr:20190107215729j:plain

The Blue Box Cafeのメニュー

  • Breakfast with Tiffany  $29
  •      SEASONAL FRUITS & BERRIES and CROISSANT with Nutella, honey butter, and fruits preserves
  • 以下から1品
  •      SMOKED SALMON AND BAGEL STACK Cream cheese smear, beefsteak tomato, red onions, capers
  •      TRRUFLE EGGS Soft eggs, trrufles, kunic cheese, smoked bacon
  •      AVOCADO TOAST 
  •      BUTTER MILK WAFFLE
  • LUNCH     $39
  •      STARTERSとMAIN COURSES から二品
  • TIFFANY TEA $49

最新メニューのPDFはこちら ※訪問時から値上げされています

丁寧だけどフランクな店員さんに注文を伝えます。16時だけどブレックファスト29ドルをチョイスしました。周りの人が食べていたティファニーブルーを基調としたアフタヌーンティーも次回食べたいな〜と思いました。

いよいよティファニーで朝食を!

まずは紅茶がポットで登場しました。茶葉はアールグレイやブレックファストなど数種類から選べます。こちらはティファニーブレンドです。ポットで供されるのでたくさん味わえます。

f:id:sbrktkr:20190107215721j:plain

SEASONAL FRUITS & BERRIES and CROISSANT with Nutella, honey butter, and fruits preservesです。フルーツと、クロワッサンに3つのペーストがついてきます。

f:id:sbrktkr:20190107215847j:plain

クロワッサンはパリパリ系。もちろんバターの香りがします。パン自体がおいしいので、ペーストはあまり使いませんでした。安定のヌテラをちょっとつけたくらいかな。

f:id:sbrktkr:20190107215717j:plain

フルーツの上にエディブルフラワーが乗っていてとてもきれいです。それをさらにシンプルなティファニーブルーとホワイトのツートンカラーの食器が引き立たせています。これだけでエルアターブルの表紙を飾れるくらいの存在感です。

お味は、うん、海外らしいさっぱりしたフルーツが美味しかったです。ベリーは少し冷凍感がしたかな…

f:id:sbrktkr:20190107215714j:plain

 

次はTRRUFLE EGGS Soft eggs, trrufles, kunic cheese, smoked baconです。メインはいくつか選べるのですが、無難そうなスクランブルエッグを選びました。カリカリベーコンの赤とトリュフの黒が彩りを添えます。

f:id:sbrktkr:20190107215843j:plain

総じてご飯はまずくはないのですが、値段を考えてもとてもおいしいというわけでもありませんでした。キッチンスペースも併設されていますがかなり狭いので、あまり凝ったものは出せないんだと思います。

内装をさらにチェック!

私たちは最後から二回目の回に来店したので、食べ終わる頃には半分くらいのテーブルが空いていました。これはチャンスと思いとりためた写真を紹介します!

壁に埋め込まれたディスプレイは自社製品が飾られています。

f:id:sbrktkr:20190107215839j:plain

壁もティファニーブルーが混じった大理石風。時計もレトロかわいいです。

f:id:sbrktkr:20190107215835j:plain

入口近くの壁にカトラリーが並べられていて、ウェイターさんはここにカトラリーを取りに来ます。お茶の缶がディスプレイされていますね。なおこのお茶のティファニーブレンドをお土産にできないか聞いてみたところ、単品での販売はしておらず、ティーカップとのセットに少しだけついてくるだけなんだそうです。単品でお土産にできたらとてもいいのですが、今後に期待ですね。

f:id:sbrktkr:20190107215833j:plain

The Blue Box Cafe まとめ

ティファニー本店のカフェ、The Blue Box Cafeのまとめです。

  • 予約は1ヶ月前からで競争率が高い
  • ティファニー本店の中にあり、アクセスは抜群
  • メニューは朝食、ランチ、アフタヌーンティーの3種類。朝食とランチはメインを選べる
  • 調度品から盛り付けまでどこを切っても美しい
  • ニューヨークに訪問したときは絶対行くべき!

その他定番ところにも行ったニューヨーク旅のまとめはこちらから

 

www.nuiandfood.com

 

訪問日 2018/5/1