ぬいとめし

ぬい写真とご飯の写真ばかりの旅行記 ガイドブックに載らないような、現地に行かないとわからないことを意識して書いて行こうと思います

SFC修行2018 OKASINタッチ2回目 チャンギ空港 dnataラウンジ

チャンギ空港でのチェックインとラウンジホッピングについてレポします!

初めての優先チェック

前回は入国しないSINタッチだったため、チャンギのチェックインカウンターを使っていません。今回チャンギの優先チェックインを初めて使います。

ターミナル2のチェックインフロアに行くと各航空会社のチェックインカウンターが並んでいます。羽田空港位の大きさですので、さほど迷わずANAのチェックインカウンターに向かうことができました。またプレミアムエコノミーでの搭乗のため、優先チェックインを利用することができます。といっても混んではおらず、スムーズにチェックインできました。カウンターの方は日本語の発音に癖があったのでたぶん地元の方だと思います。でも日本語のコミュニケーションは問題なく、丁寧に対応いただきました。

ラウンジホッピングふたたび

出発の二時間前の20時過ぎに出国できたため、ここからラウンジホッピングです!まずは前回も利用したdnataラウンジでシャワーを浴びます。やはりきれいで快適です。日中だらだらとかいた汗をすっきり流せました。

www.tripadvisor.jp

dnataラウンジのミールにサテー!

次はごはんです。前回は明け方だったため朝食メニューでしたが、ディナーメニューはどんなものが並ぶのでしょうか?フードを見ていきましょう。

まず目立つのは串焼きです。これはサテーと言って、マレーシアはじめマレー系の方に好まれている食事です。マレー系はイスラム教の方が多く、豚肉を食べないため、サテーのお肉は鶏牛羊を使います。こちらは鶏肉です。

f:id:sbrktkr:20181208155244j:plain

トマトペンネスパゲッティです。

f:id:sbrktkr:20181208155241j:plain

いきなりのうどんです。右奥のポットで湯がいて左奥のポットの出汁をかけるといつものうどんが食べられます。

f:id:sbrktkr:20181208155656j:plain

サラダ。

f:id:sbrktkr:20181208155653j:plain

ここでいきなりのカレーです。インドカレーではなく日本のおうちのカレーです。ポットに入れられてちょうどいい温かさ。

f:id:sbrktkr:20181213231238j:plain

ごはん、おしんこもあります。

f:id:sbrktkr:20181208155650j:plain

煮込み野菜。

f:id:sbrktkr:20181208155659j:plain

ごはんは総じて東南アジアプラス日本のごはんです。JALの指定ラウンジになっているので、本格的な日本の家庭料理が食べられます。

シンガポールでおうちカレー

では、実食です!

f:id:sbrktkr:20181208155647j:plain

まずはサテー!そしてペンネとレモンシチューを持ってきました。タイガービールと一緒にいただきます。サテーは辛くないですがスパイスの香りが効いていてビールとよく合います。レモンシチューはちょっとびっくりな組み合わせですがオリーブが効いていて地中海料理風の味付けで、さっぱりながら癖になる味でした。

次はサテーのおかわりと、おいしそうなカレーを持ってきました。

f:id:sbrktkr:20181213231234j:plain

カレーはこくまろ的ないつものカレールーの味。ビーフがごろごろ入っています。

で、シチューとカレーとくれば!

f:id:sbrktkr:20181213231229j:plain

どーん!カレーとシチューの合いがけごはん!カレーはほんとおうちのカレーという感じで、懐かしさからパクパク食べてしまいました。レモンシチューはちょっと…ご飯と合わなかったかな。でも単体でおいしくて、おかわりしても飽きません。

ここで21時頃です。どんどんラウンジに日本人が増えていきます。ANAと同じ時間にJAL便もあるため、おそらくJAL便利用の人たちなのでしょう。カレーが大人気でした。

f:id:sbrktkr:20181213231224j:plain

次回はSATSプレミアラウンジレポとNH844便をレポートします!

訪問日 2018/12/2